HOME / 専門医を取得したい方 / 理事長からのメッセージ

日本形成外科学会 形成外科

専門医制度について

専門医を取得したい方

理事長からのメッセージ

形成外科専門医の取得をめざす方へ


理事長写真
日本形成外科学会
理事長 清川 兼輔

日本形成外科学会の専門医ページにようこそ!

 日本形成外科学会は、昨年生誕60周年(還暦)を迎えました。日本専門医機構で定められた基本診療科の中では最も若い学会ですが、2019年5月現在、会員数は約5,100名を数え、その内専門医も約3,400名となりました。特にこの20年の発展はめざましく、その規模は約2倍に成長しており、今まさに発展途上中の学会です。

 私共形成外科の役割は、「けがや病気が治った後に患者さんの生活の質(Quality of Life:QOL)をいかに高めるか」にあります。すなわち、「けがや病気が治っただけでなく、社会復帰ができて初めてそのけがや病気が完治したと言える」というのが私共の信条です。患者さんの機能と整容の両方を可能な限り改善することを目的として、日々技術の研鑽と研究にとり組んでいます。

 このように形成外科は現代の医療にとって必要不可欠な存在であり、国民からのニーズは確実に高まりつつあります。そのため、私共形成外科学会は今後もより多くの形成外科専門医を育て、そのニーズに答えてゆかねばなりません。研修医の皆さん、是非形成外科に入って専門医を取得し、国民のQOLの向上に携わってみませんか?日本形成外科学会を代表し、皆様が形成外科専門医研修プログラムを選択されることを心よりお待ちしております。