HOME / 専門医を取得したい方 / 現制度 / 教育目標(各論)

日本形成外科学会 形成外科

専門医制度について

専門医を取得したい方(現制度)

形成外科認定医(現専門医)の教育目標【各論】

A. 基礎的研修事項

基礎的研修事項として以下がある。

  1. 形成外科の歴史、概念
  2. 形成外科手術に必要な麻酔
  3. 形成外科手術に必要な器具
  4. 形成外科手術に必要な基本手術手技

1. 形成外科の歴史と概念

一般目標
i)形成外科の歴史

形成外科を正しく理解、評価できるようになるために以下のことを習得する。

  1. 形成外科の歴史について理解する。
  2. 個の内科外科系の歴史との関連性について理解する。
ii) 形成外科の概念
  1. 形成外科の定義を理解する。
  2. 形成外科の治療法を理解する。
  3. 患者の精神病理を理解する。
行動目標
i)形成外科の歴史(知識は<a>)

古代から現代に至る歴史的事項を習得し、記憶している。

ii) 形成外科の概念(知識は<a>)

形成外科の定義を説明できる。

iii) 形成外科の治療法(知識、技能はともに<a>)

その種類と意義を説明でき、自ら実施できる。

iv) 形成外科患者の精神病理(知識は<b>)

以下の知識を活用し、現象の分折や判断ができる。

  1. 先天性または後天性異常児の本人および親の精神病理
  2. 形成外科医の対処法
  3. 心理テスト法

2. 形成外科手術の麻酔

一般目標
  1. 形成外科医として必要な麻酔の方法を理解する。
  2. 麻酔薬の知識を理解する。
  3. 局所、伝達、全身麻酔の技術を理解する。
  4. 水、電解質血液の知識を理解する。
  5. 心機能、呼吸機能。肝腎機能の知識を理解する。
行動目標(知識。技能ともに<a>)
i)麻酔薬
  1. 局所麻酔薬の種類とその薬理作用
  2. 全身麻酔薬の種類とその薬理作用
ii)麻酔器

麻酔器の構造とその操作法

3. 形成外科手術に必要な器具

一般目標
  1. 各手術器具の特徴とその目的を理解する。
  2. 各手術器具の使用法を理解する。
行動目標(知識。技能ともに<a>)
i)基礎的手術器具

メス、剪刀、フック、鑷子、鉗子、吸引器、電気メス、縫合材料

ii) 特殊手術器具

採度器具セット、顔面骨用器械セット。頭蓋骨用器械セット、鼻骨用器械セット、手の外科用器械セット、マイクロサージャリー用器械セット、顕微鏡

4. 形成外科に必要な基本手術手技

一般目標
  1. 基本的手術手技を理解する。
  2. 手術手技の応用を理解する。
行動目標(知識。技能ともに<a>)

以下の各手術手技についての概念、方法、適応などを熟知し、自ら実施できる。

i)皮膚表面形成術
  1. 削皮術
  2. 電気療法
  3. 凍結療法
  4. レーザー療法
ii)縫縮術
iii)Z形成術
v)分割切除術
vi)皮膚伸展法
vii)組織移植術
  1. 皮膚の基礎的知識
    1. 皮膚の解剖と機能
    2. 異種。同種、自家移植と移植免疫
  2. 遊離植皮術
    1. 分類
    2. 植皮生者のメカニズム
    3. 採皮法
    4. 移植床と採皮部
    5. 移植の実際
    6. 術後の問題点
  3. 真皮移植
  4. 脂肪移植、脂肪注入
  5. 真皮脂肪移植
  6. 粘膜移植
  7. 複合移植
  8. 皮弁
    1. 単純度弁
    2. 特殊皮弁(筋皮弁。筋膜皮弁)
  9. 筋肉、腱、筋膜移植
  10. 神経移檀
  11. 植毛術
  12. 爪移檀術
  13. 骨移檀
  14. 軟骨移植
viii)マイクロサージャリー
ix)プロステーシス

B.各論的研修事項

1. 創傷治療

一般目標
i)形成外科の歴史
  1. 創傷の原因、分類、病理を理解する。
  2. 創傷患者の局所管理と全身管理を理解する。
  3. 創傷部位の解剖と機能を理解する。
行動目標(知識、技能ともに<a>、検査は<b>)
i) 創傷の原因と分類
ii) 創傷の治療
  1. 治癒現象の組織学的変化
  2. 創傷治癒における局所的因子
  3. 創傷治癒における全身的因子
iii)創傷部位の解剖と機能
iv)救命救急処置

救命救急処置の順序と方法

  1. 気道確保
  2. 人工呼吸
  3. ショック対策、循環維持
  4. 合併損傷
  5. 救急時薬剤
v)特殊部位の創傷

1)顔面外傷

  1. 顔面軟部組織損傷
    1. 顔面各都損傷
    2. 耳下腺損優
    3. 顔面神経損傷
      1. 解剖
      2. 原因
      3. 症状
      4. 診断法
      5. 治療法
        (新鮮例、陳旧例)
    4. 顔面骨骨折
      1. 顔面骨の解剖
      2. 頻度と受傷原因
      3. 救急処置
      4. 症状と合併損傷
      5. 診察法
      6. 検査法
        (X線検査、CT検査、MRI検査)
    5. 以下の骨折の症状、診断,治療法
      1. 鼻骨骨折
      2. 鼻骨節骨骨折
      3. 頬骨骨折
      4. 眼窩骨骨折
      5. 下顎骨骨折
      6. Le fort型骨折
      7. 前頭洞・前頭蓋底骨折

2)手の外傷

  1. 解剖
  2. 麻酔法
  3. 骨・関節組織の損傷
  4. 血管損傷
  5. 神経損傷
  6. 筋・腫損傷
  7. 皮膚損傷
  8. 手の特殊損傷
    1. 指尖部損傷
    2. 母指損傷
    3. 切断指
  9. 手の拘縮
    1. 瘢痕拘縮の治療
    2. 麻痺手の治療
    3. フォルクマン拘縮の治療
vi)機械的原因による創傷
  1. 切創
  2. 刺創
  3. 挫創
  4. 裂創
  5. 剥脱創
  6. 咬創
  7. 媒創
  8. 非開放性損傷
  9. 筋断裂創
  10. 神経血管断裂創
vii)温熱的および薬物的原因による創傷

1)熱傷

  1. 熱傷の原因と分類
  2. 病態と診断
    (熱傷深度、熱傷範囲の判定法、重症度の判定)
  3. 全身療法
    1. 輸液法
      (Evans法、Brook法、Baxter法(Parkland法)Ga1veston法(Schreiner)、HLS法)
    2. 栄養管理
    3. 栄養管理
  4. 局所療法
    (開放療法、閉鎖療法、軟膏療法、温浴療法、外科的療法、特殊療法)
  5. 特殊熱傷
    (小児熱傷、老人熱傷、気道熱傷)

2)低温損傷

  1. 凍傷
  2. 凍瘡

3)化学損傷

  1. 酸性傷
  2. アルカリ傷
viii)電気および放射線による創傷
  1. 電撃傷(雷撃症を含む)
  2. 放射線皮膚障害
ix)特殊な創傷
  1. 褥瘡

2. 癩痕およびケロイド

一般目標
  1. 瘢痕およびケロイドの分類を理解する。
  2. 肥厚性瘢痕およびケロイドの成因を理解する。
  3. 肥厚性瘢痕およびケロイドの臨床像と臨床経過を理解する。
  4. 肥厚性痕痕よびケロイドの病理組織像を理解する。
  5. 肥厚性蔽痕およびケロイドの冶魔法を理解する。
行動目標(知識、技能ともに<a>)

以下の各治療法についての概念、方法、適応などを熟知し、自ら実施できる。
内服療法、外用療法、注射療法、物理的療法、放射線療法、外科的療法

3. 先天奇形

i)先天奇形総論

一般目標
  1. 先天奇形の概念を理解する。
  2. 先天奇形の原因を理解する。
  3. 身体の発生について理解する。
行動目標
  1. 先天奇形の概念(知識は<a>)
    先天奇形の定義を説明できる。
  2. 先天奇形の発生頻度(知識は<b>)
  3. 先天奇形の発生原因(知識は<b>)
    以下の知識を活用し、現象の分析や判断ができる。
    追跡方法。遺伝因子、染色体などの異常、環境因子(外因子、内因子)
  4. 人体の形態発生(知識は<c>)
  5. 各器官の形態発生と解剖(知識は<c>)
    口腔、舌、鰓腸、肛門、咽頭部、眼球、顔面、鼻、外耳、外皮、泌尿生殖器、支柱組織、筋肉
  6. 症候群の種類と特徴(知識は<c>)

ii)先天奇形各論

一般目標
  1. 各部位の形態発生と解剖を理解する。
  2. 各部位の奇形の原因、形態発生類置分類を理解する。
  3. 各部位の奇形の治療法を理解する。
行動目標
  1. 頭部奇形
    1. 頭蓋骨縫合早期癒合症(知識は<a>、技能と検査は<b>)
      (尖頭症、斜頭症、三角頭蓋、舟状頭蓋)
    2. 頭蓋顔面骨形成不全症(知識は<a>、技能と検査は<b>)
      (クルーゾン症候群、アペール症候群など)
  2. 顔面・顎奇形
    下顎前突症、小顎症。上顎前突症、片側小顔面症、ピエールロバン症候群。トリーチャーコリンズ症候群など
  3. 眼部奇形
    1. 眼瞼下垂(知識一技能、検査ともに<a>)
    2. 肉眼角賛皮(  〃  )
    3. 眼瞼欠損症(  〃  )
    4. 両眼隔離症、両眼窩隔離症(知識は<a>、技能と検査は<b>)
  4. 稀な顔面裂 (以下のものは知識、技自邑検査ともに<a>)
    1. 正中裂
    2. 斜顔面裂
    3. 横顔面裂
  5. 鼻部奇形 (以下のものは知識。技能ともに<b>)
    1. 先天性後鼻孔閉鎖症
    2. 鼻裂症
    3. 重複鼻
    4. 重複鼻孔
  6. 耳介奇形(知識、技能ともに<a>)
    1. 小耳症
    2. 折れ耳
    3. コップ耳
    4. 埋没耳
    5. 立耳
    6. 貝殻耳
    7. スタール耳
    8. 巨耳症
    9. 耳垂裂
    10. 耳瘻孔
    11. 副耳
  7. 唇裂口蓋裂

    一般目標

    1. 唇裂口蓋裂の疫学、発生、治療法について理解する。
    2. 唇裂口蓋裂と言語について理解する。
    3. 唇裂口重裂と歯科的疾患について理解する。
    4. 唇裂口蓋裂と耳疾患について理解する。

    行動目標

    1. 唇裂口蓋裂の疫学(知識は<a>)
      発現率(民族間、親子間、同胞間、男女間、左右差、完全不完全差)、他の先天奇形の合併頻度
    2. 唇裂口蓋裂の形態発生(知識は<a>)
      発生説(組織融合不全説、中胚葉欠損説)
    3. 唇裂口蓋裂の国際分類(知識は<a>)
    4. 唇裂口蓋裂の手術時期(知識は<a>)
    5. 唇裂の臨床症状(知識は<a>)
    6. 唇裂の代表的手術法(知識、技能ともに<a>)
    7. 唇裂外鼻の特徴と修正法(知識、技能ともに<a>)
    8. 唇裂の2次修正(知識、技能ともに<a>)
    9. 口蓋の解剖と機能(知識は<a>)
    10. 口蓋裂の臨床症状(知識は<a>)
    11. 口蓋裂の手術時期(知識は<a>)
    12. 口蓋裂の代表的手術法(知識、技能ともに<a>)
    13. 口蓋裂の2次修正価(知識、技能ともに<a>)
      咽頭弁、慶孔閉鎖
    14. 唇裂口蓋裂の歯科矯正(知識は<b>、技能は<b>または<c>)
      顎発育、咬合異常、歯牙異常、歯科矯正、外科的矯正
    15. 唇裂口蓋裂と言語(知識は<b>、技能は<e>)

      イ)話し言葉の発達過程

      ロ)構音

      ハ)口蓋裂言語の成因と産状
      ○開鼻声、○子音の鼻音化○声門破裂音、咽頭摩糠音○口蓋化構昔、○側音化構音

      ニ)口蓋裂言語の評価
      ○鼻咽腔閉鎖機能。○言語音声

      ホ)口重裂言語の治療

    16. 唇裂口蓋裂と耳疾患 (知識は<a>、技能は<c>)
  8. 頚部奇形(知識。技能ともに<a>)
    1. 側頚嚢胞(鯛洞)
    2. 正中頚嚢胞(甲状舌菅嚢腫)
    3. 頚耳
    4. 正中頚裂
  9. 躯幹部奇形(知識、技能ともに<a>)
    1. 漏斗胸
    2. 鳩胸
    3. ポーランド症候群
    4. 臍ヘルニヤ
    5. 乳房欠損
    6. 副乳
    7. 陥没乳頭
    8. その他

      イ)尿道裂

      ロ)膣欠損

  10. 四肢奇形(知識、技能ともに<a>)
    1. 合指(趾)症
    2. 合短指(趾)症
    3. 先天性にぎり母指
    4. 屈指症
    5. 短指(趾)症
    6. 斜指症
    7. 拇指形成不全
    8. 内反手、外皮手
    9. 橈側列・尺側列形成不全
    10. 裂手、裂足症
    11. 多指(趾)症
    12. 目指(趾)症
    13. 先天性絞扼輸症候群
    14. 先天性爪欠損
    15. その他、四肢奇形に関すること
    16. 奇形症候群(ポ一ランド症候群など) にともなうもの

4. 皮膚腫瘍

一般目標
  1. 皮膚腫瘍に必要な解剖、機能を理解する。
  2. 皮膚腫瘍の概念を理解する。
  3. 皮膚腫瘍の分類と頻度の高いものについて理解する。
  4. 皮膚腫瘍の検査法の原則を理解する。
    組織検査、放射線診断。超音波診断、特殊診断など
  5. 皮膚腫瘍の治療凄の原則を理解する。
  6. 腫瘍摘出後の再建法を理解する。
行動目標

各種腫瘍について成因、組織像、臨床症状、治療法を説明でき、自ら治療できる。

知識、技能ともに<a>に属するもの

i)皮膚の良性腫瘍
  1. 上皮性嚢腫、稗粒種、粉瘤、皮様嚢腫
  2. 上皮性腫瘍および母斑
    老人性疣贅、疣状母斑(表皮母斑)。脂腺母斑(類器官母斑)、石灰化上皮腫
  3. 神経櫛起原性の母斑
    色素性母斑、扁平母斑.太田母斑(眼上顎部褐青色母斑)、蒙古斑
  4. 神経線維腫、神経鞘厘
  5. 間葉系の腫瘍・母斑
    線維腫、脂肪腫。血管腫(ポートワイン状血管腫、イチゴ状皿菅腫、海綿状血管腫)、 リンパ管腫(限局性または海綿状嚢腫状)
  6. 母斑症
    レックリングハウゼン母斑症、ブーヌヴィーユ・プリングル母斑症、 スタージ・ウェーバー症候群、クリッペル・ウエーバー症候群
  7. その他
    伝染性皮膚腫瘍(伝染性軟属腫、尋常性疣贅。青年性扁平疣贅、尖形コンジローム)、眼瞼黄色腫,胼胝、鶏眼、パラフィノーム、酒さ、刺青など
ii)皮膚の悪性腫瘍

  1. 基底組胞腫または基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫
  2. 前癌状態
    ページェット(パジェット)病。ボーエン病。
    老人性角化症、白根症または白色角化症。色素性乾皮症、ケラトアカントーム
  3. 肉腫、転移性腫瘍
    隆起性皮膚線維肉腫、肉腫。転移性腫瘍

知識、技能ともに<b>または<c>に属するもの

i)皮膚の良性腫瘍
  1. 神経櫛起原性の母斑
    若年性黒色腫。青色母斑
  2. 間葉系の腫瘍、母斑
    軟骨性母斑、軟性線維腫、アクロコルドン、 手掌足蹠線維腫症、若単性黄色肉芽腫、軟部好酸球肉芽腫(木村病)、 血管脂肪腫、平滑筋腫、 皮膚骨腫、血管拡張性肉芽腫、披角血管腫、グロ一ムス腫瘍
  3. 母斑。母斑症
    アルブライト症候群、ボイツ・ジェガ一ス症候群、フォンヒッペル・リンドウ母斑匝、 マフチー症候群、色素血管母斑症、カサバッハ・メリット症候群
  4. その他
    エクリン汗器官性腫瘍、アポクリン汗器官性腫瘍
ii)皮膚の悪性腫瘍

  1. 汗腺癌、脂腺癌
  2. 前癌状態
    紅色肥厚症。皮角
  3. 肉腫
    カポジー肉腫
  4. その他
    悪性リンパ腫。ホジキン病、非ホジキンリンパ腫、歯状息肉腫、セザリー症候群、白血病、 histiocytosis X

5. 皮膚以外の腫瘍

一般目標
  1. 腫瘍の発生病理を理解する。
  2. 腫瘍の種類とその組織を理解する。
  3. 腫瘍の検査法を理解する。
  4. 腫瘍の治療法と摘出陵の再建法を理解する。
行動目標
i)頭部の腫瘍.(知識、技能ともに<a>)
  1. 骨腫瘍
    原発性、転移性
  2. 線維性骨異形成症
ii)顔面骨の腫瘍(知識、技能ともに<a>)
  1. 良性骨、軟骨腫瘍
    骨腫、号線維腫、軟骨腫、顎骨嚢胞
  2. 歯原性腫瘍(エナメル上皮腫)
  3. 非歯原性腫瘍
  4. 悪性骨腫瘍
iii)舌・口腔腫瘍(知識、技能ともに<a>)
  1. 歯肉口蓋粘膜に発生する腫瘍
    乳頭腫、線維腫、血管腫、神経線維腫、エプーリス、白斑症
  2. 口腔底の腫瘍
    粘液嚢腫、がま腫
  3. 舌の腫瘍
    血管腫、リンパ管腫、筋腫
  4. 悪性腫瘍
    1. 癌腫
    2. 肉腫
iv)眼窩の腫瘍(知識は<a>、技能は<b>)

視神経グリオーマ、髄膜腫。類皮様腫、類上皮様腫、 血管腫、涙腺腫瘍、神経鞘腫、リンパ管腫、肉腫

v)鼻、副鼻腔の腫瘍 (知識は<a>、技能は<b>)

上顎癌

vi)耳下腺の腫瘍(知識。技能ともに<a>)
  1. 良性腫瘍
  2. 混合腫瘍
  3. 悪性腫瘍
    扁平上皮癌、腺癌
vii)頚部の腫瘍(知識は<a>、技能は<b>)
  1. 甲状腺腫
  2. 頚部リンパ節の腫瘍
  3. 咽頭および喉頭の腫瘍
viii)頚部悪性腫瘍摘出後の再建術 (知識、技能ともに<a>)
ix)頚部郭清術の適応と方法 (知識、技能ともに<a>)
x)四肢悪性腫瘍摘出後の再建術 (知識技能ともに<a>)

6. 美容外科

一般目標
  1. 美容外科の概念を理解する。
  2. 身体の形態解剖学を理解する。
  3. 形態解剖学の人種差、年齢差を理解する。
行動目標(知識、技能ともに<a>)
  1. 重瞼術
  2. 隆鼻術と整鼻術
  3. 頬骨けずり
  4. 一口唇部の美容外科
  5. オトガイの美容外科
  6. 顔面除敏街
  7. 乳房の美容外科

    1. 乳房縮小術

    2. 乳房増大術

    3. 乳房乳輪形成術

  8. 腹部の美容外科

    1. 脂肪切除術

    2. でべそ

  9. 四肢の美容外科

C. 形成外科関連領域

1. 創傷治療

一般目標
  1. 形成外科の対象は全年代、全身体体表に及んでいるため、関連各科との連携を理解する。
  2. 関連各科についての知識を理解する。
  3. 他科への紹介の時期と適応を理解する。
行動目標
  1. 関連領域の知識を十分持ち、問題点を明確にするよう病歴を聴取し。要領よく記載できる。
  2. 適切な診察手技により急を要するか否かを判断し。専門医への受診時期を指示できる。
1. 小児科、内科

知識<b>

i)発熱、ii)瘤痛。iii)睡眠異常、ぐったり状態、顔色不良。食欲不振、脱水、浮腫、黄疸。 iv)嘔吐(吐血)、下痢、下血、腹部膨満、肝腫大、v)咳、嗄声、喘息、呼吸困難、 vi)心雑音、チアノーゼ、血圧異常、vii)貧血、鼻出血、紫斑、出血傾向

2. 外科、小児外科

知識<b>

i)乳癌、・)腹壁ヘルニア

知識<c>

i)虫垂炎、腹膜炎、・)鼠径ヘルニア

3. 脳外科

知識<b>

i)痙攀、意識障害、歩行異常、ii)脳ヘルニヤ、水頭症

技能<b>

i)開頭術、ii)髄液瘻の処置。iii)頭部画像診断、iv)頭蓋内出血の診断

技能<c>

i)摘出術、シャント術、吻合術

4. 皮膚科

知識<a>

i)発疹。ii)アトピー性皮膚炎、iii)皮膚感染症、iv)主な外用薬剤

5. 整形外科

知識<a>

i)斜頚、ii)スポーツ障害に伴う骨関節筋腱疾患

知識<c>

i)先天性股関節脱臼。ii)内反足、O脚、X脚。脊柱側彎、iii)骨折脱臼、 iv)骨髄炎、関節炎、 v)四肢骨の発育障害。 vi)全身性疾患に伴う骨病変

技能<a>

i)関節可動域。筋力の測定。評価法、・)四肢の皮膚、筋肉の機能と特異性、上下肢の差

6. 耳鼻科

知識<b>

i)中耳炎、伝音性難聴 ii)アレルギー性鼻炎。 iii)鼻出血 iv)扁桃腺炎。アデノイド

技能<b>

i)ファイバースコープ

技能<c>

i)オージオグラム

7. 眼科

知識<c>

i)眼感染症の処置、結膜炎など

技能<b>

)視力の測定、ii)眼瞼機能、iii)眼球運動険査、牽引接査、iv)複視検査

8. 婦人科。泌尿器科

知識<b>

i)帯下、性器出血、月経困難、性器異常、 ii妊娠、分娩、胎児異常、iii)排尿庸、頻尿。乏尿失禁、血尿

9. 麻酔科、救急科

技能<b>

i)スワンガンツ・カテーテル挿入

10. 精神科

知識<a>

i)神経症

11. 歯科

知識<b>

i)う歯