形成外科で扱う疾患


難治性潰瘍

難治性潰瘍は治療に抵抗する慢性潰瘍のことですが、不適切な治療で潰瘍が長引いているものや、適切な治療に抵抗するものまであります。その原因には、外傷、褥瘡、糖尿病性潰瘍、放射線潰瘍、うっ滞性潰瘍、膠原病、リウマチに合併する潰瘍などがあります。また、時として皮膚癌を認める場合がありますので注意が必要です。さらに潰瘍などの傷が治癒するのを妨げる因子としては低栄養、感染、ステロイドや免疫抑制剤の服用、機械的刺激などがあげられます。好発部位は下腿、足で、それは組織に余裕がなく起立、歩行によりうっ血をきたしやすいからです。また、血行が他の部位と比べて不良であるため、いったん潰瘍が生じると難治性になりやすいことも好発部位となる理由の一つです。

難治性潰瘍の治療は、まず潰瘍の原因、誘因や治癒を妨げる因子を解明して除去することにあります。またそれに伴い、全身および局所管理を十分に行うことも大切です。それにより治癒しない場合は外科的治療になります。局所管理としては、

  1. デブリードマン
  2. 感染のコントロール
  3. 肉芽形成
  4. 上皮化の時期

によりそれぞれ適切な軟膏療法を行います。

すなわち、デブリードマンでは壊死した組織を軟膏や外科的に除去します。感染のコントロールのためには抗生剤を含んだ軟膏や抗生剤の全身投与などが行われます。さらに肉芽形成や上皮化促進のための軟膏がありますので時期に応じた軟膏が用いられます。上皮化については軟膏で治癒しない場合は植皮術が行われます。潰瘍によっては腱や骨が露出している場合がありますがそのような場合には皮弁移植が必要となります。

難治性潰瘍では治癒したあとの管理も大切です。糖尿病性潰瘍や全身疾患を伴う潰瘍では再発しやすいからです。治癒した潰瘍部を保護することは重要なことですが、再発させないことも重要です。特に下腿の場合、長時間の立ち仕事を避けることや、足を挙上してうっ滞を避けるなど日常の生活も改善することが必要です。いずれにしても、治癒しない傷や潰瘍ができた場合、できるだけ早く専門医の診察を受けることが望ましいと考えられます。