形成外科で扱う疾患


凍傷

1. 疾患の解説

凍傷は、皮膚に寒冷が直接作用したときに、組織が凍結することによって生じる傷害です。多くは、厳寒下、強風また高冷地で受傷します。近年経験するものは、登山中の遭難、寒冷地での漁業遭難などの広範囲凍傷のほか、冬季スポーツ時スキー靴等の不適合などによる足の小趾の外側、母趾の先端の凍傷、寒冷地の学童の耳、手、幼児の頬などの小範囲のものなどです。また、アルコールによる泥酔、向精神物質の酩酊者にもみられます。

Pagetop

2. 診断と症状

露出部、または末端部、主に趾、足、指、耳、鼻、頬などに生じやすく、診断そのものは、受傷経過、視診により、容易です。しかし、その深度や予後を推測することは、熱傷と同様難しく、受傷直後から日数を要する場合があります。受傷後に、深度が進行し、予後が悪くなる場合もあります。

深度は、表皮(皮膚の表層)のみの障害を1度と呼び、発赤、腫脹、加温後灼熱痛を認めます。真皮(皮膚の深層)までの障害を2度と呼びます。水疱形成を認めます。脂肪、筋肉、骨に及ぶ懐死を3度と呼びます。血清水疱、潰瘍形成、黒色状皮膚を認めます。

Pagetop

3. 凍傷の治療

(1) 急速融解法

患部が凍結状態にある場合、最初にすべき治療は、40~42℃の湯内に入れて、急速に凍結を解除することです。徐々に温めるより急速に温めたほうが、組織中の氷の結晶が速やかに溶け、血管が拡張して回復を促し、凍結組織の損傷を最小限にくい止めることができます。融解中は、激しい疼痛を伴います。

(2) 神経療法

神経をブロックすることで、血管拡張を促し、回復を促進します。「硬膜外ブロック」という方法と「交感神経節ブロック」という方法があります。前者は、疼痛除去の除去も可能であり、無痛下の急速融解が可能となります。

(3) 血液粘稠度低下の改善療法

膠質輸液やヘパリンの静脈内持続投与により、血液粘稠度の低下を改善し、循環の状態を良好にします。

(4) 血管拡張療法

血管を拡張させる薬剤の使用により、血管の拡張を促します。

(5) 局所療法

患部の挙上と安静により、浮腫の軽減をはかります。水疱は、感染の症状が無い限り、破らず維持します。軟膏等の創処置により、感染防止に努めます。壊死部との境界が明瞭になった後は、壊死部の除去を行います。必要に応じて、植皮や皮弁での再建を行います。

Pagetop