形成外科で扱う疾患


小範囲熱傷

1. 熱傷(やけど)について

熱傷(やけど)は日常生活において最も多い外傷の一つです。受傷した部位と大きさ(面積)、損傷の深さにより、軽症、中等度症、重症に分類されます。
軽症・中等度症の場合でも、治った傷跡(瘢痕)がケロイド、拘縮(引きつれ)などの後遺症を起こすこともありますので注意が必要です。

やかんやポットの湯、コーヒーやお茶、てんぷら油、最近ではカップ麺の湯などによる高温の液体によるものが最も多い原因です。次いで熱性固体(ストーブやアイロンなど)の接触によるものです。

最近では、電気炊飯器やポットの水蒸気の噴出し口や、ファンヒータの吹き出し口に触れてしまう幼児の熱傷が増えておりますので、小さいお子さんがいらっしゃるご家庭では気をつけてください。湯気は、熱湯以上に温度が高いので、特に注意が必要です。

Pagetop

2. 熱傷の重症度判定について

やけどの重症度は主に皮膚損傷をうけた深さとその面積によって判定されます。

1) 熱傷の深さの判定

日本熱傷学会では、皮膚損傷の深さを3つに分類しております(図1)。

I度
表皮にとどまる熱傷で、皮膚の発赤と浮腫(むくみ)が生じて、強い痛みを伴いますが、通常2~3日で自然に治癒し、瘢痕(傷跡)などの後遺症は残りません。
II度
表皮より深い真皮までの熱傷で、水疱(水ぶくれ)が出来るのが特徴です(図2)。

さらに、次の2つに分類されます。

浅達性II度熱傷
真皮中層までの熱傷で、皮膚付属器(毛根、汗腺、皮脂腺など)は破壊されず、知覚神経終末も障害を受けませんので鋭い疼痛を伴います。通常、1~2週間で瘢痕を残さず治癒します。
深達性II度熱傷
真皮下層までの熱傷で、皮膚付属器、神経終末も損傷をうけますので、浅達性II度熱傷より鈍い疼痛です。治癒までに3~4週間かかり、瘢痕が残ります。
Ⅲ度熱傷
皮膚全層、さらに皮下組織まで損傷が及びます。水疱は形成されず、受傷部位は羊皮紙様を呈します。知覚神経まで侵されているので痛みはほとんどなく、針で刺しても感じません。通常1ヶ月以上かかって治癒しますが、瘢痕が残ります。手のひら以上の面積ですと手術(皮膚移植)が必要となります。
2)熱傷の面積の判定

大きさ(面積)については、自分の手のひらの大きさが体表面全体の1%に相当します。II度熱傷が10個分の大きさ以上(10%以上)、III度熱傷が2個分以上(2%)ありますと、入院治療の適応となります。

Pagetop

3. 初期の処置について

直ちに冷却することが重要です。これにより熱による組織損傷が深くなることを防ぐだけでなく、受傷部位の炎症を押さえ痛みを緩和するが出来ます。その場合、無理に衣服を脱がず、水道水などの流水を衣服の上から直接流します。

冷却する時間は20分位行い、水疱のある場合は出来るだけ破らないようにしてください。II度熱傷であれば、大抵の場合、消毒と軟膏治療で治りますが、ひとたび細菌感染をおこしますと、損傷は深くなり治癒までに時間がかかるだけでなく、その後、瘢痕やケロイド、拘縮などの後遺症を招くことになります。従って、例え小範囲の熱傷であっても、形成外科などの専門医の診察を受けた方が良いでしょう。

Pagetop