形成外科で扱う疾患


ティッシュー・エキスパンダー

1. ティッシュー・エキスパンダーとは

ティッシュー・エキスパンダー法(tissue expander、組織伸展法)は、広範囲な皮膚、軟部組織欠損の修復法の一つです。シリコン製の風船を皮膚の下に埋入し、そこに水(生理的食塩水)を少しずつ注入することにより風船を大きくし、その上の皮膚を伸展させ、その皮膚を皮膚欠損部の修復に利用する方法です。妊婦さんのお腹の皮膚が伸展するのと同じ原理です。

ティッシュー・エキスパンダーは、本体であるシリコン製の風船状のバッグ、生理食塩水注入用ポートとこれらを接続するコネクションチューブ、バルブより構成されています。バッグには球形、直方体、クロワッサン型など様々な形態、容量のものがあり、これらを使用する部位、大きさによって選択します。

Pagetop

2. 使用される疾患、部位

使用される疾患、部位は多岐にわたりますが、大別すると下記の通りです。

  1. 欠損部が広く、周辺の余剰組織により被覆不可能な場合(例:広範囲なあざ、母斑、傷跡)
  2. 代わりのない限定された特殊な組織を必要とする場合(例:はげ・傷や火傷による脱毛部分に対する有毛部皮膚、口唇などの粘膜、顔面の広範囲な傷や皮膚欠損)
  3. 立体的な再建を要する場合(例:小耳症、乳房再建)
  4. 広い範囲の植皮、皮弁を要する場合(例:広範囲火傷,外傷)
  5. 難治な肥厚性瘢痕(例:火傷や外傷後の一般にケロイドと総称される赤紅色の醜痕)

Pagetop

3. 方法(

この方法には、最低2回の手術とその間の生理的食塩水の注入を必要とします。

(1)第一回手術

まず空っぽの風船状バッグを、切除・被覆したいあざや母斑、傷跡に隣接した健康な皮膚の下に埋入します。埋入する際の傷は、いずれ切除するあざの中か、その付近におくようにします。生理的食塩水注入用ポートを少し離れた皮下に置きます。小児の場合は、これを皮膚の外に出すこともあります。バックとポートをチューブとバルブで接続します。

(2)生理食塩水注入

エキスパンダーを埋入した傷が落ちついた後、ポートより生理的食塩水を注入します。注入間隔や量は、伸展させている皮膚の張り(緊張度)、色、患者さんの痛みを目安として決めます。患者さんの痛みは、伸展による皮膚への負担の良い目安となります。容量にもよりますが、最終的には外見的にもわかるほど皮膚が膨らみます。

(3)第二回手術

あざを切除した後の欠損を、充分に覆るだけの皮膚伸展が得られたら、これらを切除、同時にエキスパンダーも除去して伸展した皮膚で欠損部の再建をします。皮膚は症例に応じて前進させたり、回転させたりするなど、様々な方法で利用します。

Pagetop

4. 合併症

エキスパンダーが入っていても、自覚は少なく、日常生活だけでなく運動なども普通に行うことができます。しかし、人工物が入っている場合、最も気をつけるの必要があることは、感染であり、特に埋入直後はきちんと消毒をするなどの必要があります。

Pagetop