形成外科で扱う疾患


義眼床手術

1. 疾患の解説

外傷や悪性腫瘍(癌)が原因で、眼球や眼窩内容の摘出を余儀なくされることは決して稀ではありません。このような手術を受けた患者さんは片側の失明と同時に、美容面でも大きなハンディキャップを負うことになります。かつては多くの患者さんが、患側の変形を眼帯やガーゼで隠してその後の人生を送っていました。このような無眼球症に対する外科治療が義眼床手術です。失われた眼の機能を回復させることは勿論できませんが、摘出された眼の代わりに義眼を挿入して美容面を改善してよりよい社会復帰を果たしてもらうことが目的となります。現在では精巧な義眼がつくられるようになっています。したがって義眼を受け入れる場所の作成が大変重要になります。この義眼を入れる場所を義眼床と呼びます。義眼を挿入したときに、自然な外貌が得られるように義眼床をつくるのが義眼床手術ということになります。

Pagetop

2. 治療法

眼球摘出や、眼窩内容摘出を受けた後の状態を無眼球症と呼びます。義眼装着という目的から見ると、摘出された組織量によって無眼球症にも程度の差があります。摘出手術時に残った眼瞼と結膜で義眼の入る結膜嚢が形成できる場合は義眼床手術は不要です。組織不足で結膜嚢または義眼床が確保できないときに義眼床手術を行うことになります。口腔粘膜の移植、植皮、眼窩近傍からの皮弁移植、さらに組織が不足する場合には骨、軟骨移植や身体の別の部位からの組織移植が必要になることもあります。

無眼球症に共通した代表的症状には

  1. 義眼床の狭小化(徐々に義眼が入りにくくなること)
  2. 眼瞼、特に上眼瞼の陥凹(へこみ)
  3. 下眼瞼の下垂(義眼の重みで下眼瞼が下がる)

などがあります。

義眼床狭小化に対しては粘膜移植、植皮、皮弁移植などが行われます。眼瞼陥凹には脂肪注入、下眼瞼下垂には耳介軟骨移植が有効です。

Pagetop

3. 治療により期待される結果

患側の眼を眼帯やガーゼで覆うことなく社会生活をおくれるようにすることが手術の目的です。薄い色のサングラス程度を使用するだけで生活できる状態にすることを目標としています。

Pagetop