形成外科で扱う疾患


後天性眼瞼下垂症

1. 概念

まぶたの中には、動眼神経(眼球とまぶたを動かす神経)の命令で縮む眼瞼挙筋(主な働きをする)と、交感神経の緊張で縮むミュラー筋(補助的な働きをする)の2つの筋肉があります。眼瞼挙筋は途中から腱膜という膜様の腱になって瞼板というまぶたの縁を作っているカマボコ板のようなものの前面に付いており、眼瞼挙筋は腱膜を介して瞼板を持ち上げるのでまぶたが挙がります。顔を正面に向けた時、まぶたが瞳孔(黒目)の上まで上げられない状態を眼瞼下垂症と定義しますが、実際は視野を確保するために、眼瞼挙筋を余計に収縮させたり、眉毛を持ち上げたり、顎を上げたり、頭を回転したりして、瞳孔が出るような代償行為をしているので見過ごされる場合が多いです。

Pagetop

2. 成因

神経(動眼神経、交感神経)の異常、筋肉(眼瞼挙筋、ミュラー筋)の異常、腱膜の異常が原因で後天性に起こりますが、腱膜が原因の場合がほとんどです。まぶたを擦る(アトピー、逆さまつげ、花粉症、コンタクトレンズの使用、良く泣く、目を覚ますため、化粧を落とすため)と、腱膜が瞼板より外れたり薄くなったりして、神経も筋肉も正常なのに、まぶたが挙がらなくなるのが腱膜性眼瞼下垂症です。神経、筋肉が原因の場合、ほとんどの場合複視(乱視でないのに物が二重に見える)がありますが、腱膜が原因の場合は一般的に複視がないので容易に区別できます。

Pagetop

3. 診断

片側性の場合非対称なので容易に気づかれますが、両側性の場合は対称性の変化なので気づかれない場合があります。腱膜性眼瞼下垂症の徴候(見た目の変化)は、二重の幅の変化(一重が二重になる、二重の幅が広くなる)、目の上が陥凹する、三白眼(眼球が上方にあり下の白目が見える)、いつも眉毛を挙げている、いつも顎を上げているなどの変化があります。症状としては、まぶたが重い、夕方になるとまぶたが開かない。眼瞼挙筋を余計に収縮させているために目の奥が痛い。歯を食いしばってまぶたを開けているので咀嚼筋の疲れ、痛み、歯が浮く、顎関節の症状が起こります。肩凝り、交感神経の緊張(ミュラー筋を収縮させるため)なども起こります。腱膜性眼瞼下垂症は程度の差はあれ、多くの老人で起こるので老人性眼瞼下垂症と呼ばれます。しかし、若年者でも、まぶたを擦る習慣がある人は、早く腱膜性眼瞼下垂症になるのです。

Pagetop

4. 治療

従来は、腱膜性眼瞼下垂症に対しても挙筋短縮術などが行われていましたが、外れた腱膜を瞼板の前面の元の位置に固定する手術に変更されつつあります。

Pagetop