形成外科で扱う疾患


上顎前突症

1. 概念と解説

上顎前突症とは下あご(下顎骨)に対して上あご(上顎骨)が前方へ突出した状態で、俗に「出っ歯」や「反っ歯」と呼ばれます(図1)。我が国では比較的多い変形で、上顎が突き出ているため、相対的に下顎骨が後退しているように見えます。上顎骨が突き出ているのか、あるいは下顎骨が後退しているのかの鑑別には診察やレントゲン撮影が必要です。上顎前突症は上顎骨の成長過剰によって起こる変形で、指しゃぶりや爪噛みの悪習慣が発生の誘因になる可能性も指摘されていますが、ほとんどは原因不明です。上顎の前歯部分だけが下顎に対して突出した場合と、上顎骨が全体的に突出している場合があります。ひどい場合は下顎の前歯が上顎の前歯後方の歯ぐきに当たっています。上顎の前歯は強く傾斜して前方へ突き出しており、くちびるが閉じにくくなります。下あごの先端にはくちびるを無理に閉じようとするために梅干しのようなシワが見られ、下くちびるは上顎の前歯にあたって捲れます。また、しばしば笑うと歯ぐき(歯肉)が剥きだしになるため、ガミースマイル(歯茎笑い)とも呼ばれます。

Pagetop

2. 治療

軽度の上顎前突症では矯正歯科治療での前歯突出の改善を行います。前歯のみの突出の場合は、左右の側方の歯(多くは前から4番目の第1小臼歯)を抜いて前歯部を下げます。抜歯後の治療には矯正歯科治療と手術の2つの方法があります。矯正歯科治療による方法は手術をせずに済むことが最大の利点ですが、治療には時間がかかります。手術は抜歯した部分の骨を切除して前歯部分を後方に移動します。手術の利点は抜歯も含めて一回で後方移動が行われるため短期間で治療が終わることですが、欠点は全身麻酔での手術と入院を要することです。上顎骨全体が突き出ている場合は、前記とは別の手術で上顎骨を後方に移動し、金属などのプレートで固定を行います。この手術では手術の前後に矯正歯科治療による歯並びの矯正が必要です。骨切りの手術には2週間前後の入院が必要です。

Pagetop

3. 治療による期待される効果

突き出た上顎の前歯が目立たなくなり、上あごが突出した変形もなくなり、上顎と下顎の調和がとれて容貌は改善します。特に、くちびるは閉じやすくなり、努力しないでもくちびるを閉じることができるようになります。

顎変形症」を参照下さい。

Pagetop