形成外科で扱う疾患


開咬

1. 概念と解説

開咬とは上の歯と下の歯が噛み合わずに隙間のあいている状態ですが、最も一般的には奥歯だけが接触して上下の前歯に隙間が出来ている状態(前歯部開咬)を指します(図1)。大部分はあごや顔の筋肉のアンバランスによって起こると考えられており、乳幼児期のおしゃぶりの使用や指しゃぶり、舌を突き出す話し方などの悪習慣が発生の誘因になる可能性が指摘されています。また、舌が大きい病気では開咬になることがあります。上下の前歯が噛み合わないので、麺類などを噛み切るためには舌を使わざるをえませんし、話すときも舌を使った特有の話し方になります。開咬では顔の下半分(鼻から下)が長くなるため、くちびるが閉じにくくなります。努力してくちびるを閉じるために、あごの先端には梅干しのようなシワが見られます。

Pagetop

2. 治療

軽度の開咬は矯正歯科治療で改善が得られます。歯並びの弯曲の修正や、奥歯を押し込むなどの治療が行われます。矯正歯科治療だけでは治療が難しい時には上あご(上顎骨)や下あご(下顎骨)の骨切り術という手術が必要になります。下顎骨の関節に近い後方部分が短いことが原因として多いため、この部分を延長させて下顎骨の前方部分を上方へ回転させるような移動が望まれますが、この移動は容易ではありません。そこで、症例によっては上顎骨の骨切り術によって上顎の前歯部分が被さるように回転させたり、上下顎骨の骨切り術を行ったりします。開咬はそもそもあごの筋肉のアンバランスによって発生すると考えられているため、手術後に後戻りや再発を起こすことがあるので、手術後も長期間にわたって噛み合わせの管理が必要になります。

Pagetop

3. 治療による期待される効果

上下の歯が噛み合うようになり、前歯で食べ物を噛み切ることが出来るようになります。また、舌を使わない話し方が可能になります。長かった鼻から下が短くなり、顔の調和が得られるために顔つきが改善します。くちびるは楽に閉じるようになり、あごの先端に見られた筋肉のシワがなくなります。

顎変形症」を参照下さい。

Pagetop