形成外科で扱う疾患


長顔症候群(long face症候群)

1. 概念と解説

長顔症候群とは上あご(上顎骨)の下方への過剰成長によって顔が長くなったものです。しかし、単に顔が長いというだけではなく、長顔症候群では上顎骨だけが他の部分に較べて不均衡に長い状態を表します(図1) 。このため、上あごの前歯はくちびるから大きく露出しており、笑うと歯ぐき(歯肉)が剥きだしになるため、ガミースマイル(歯茎笑い)とも呼ばれます(図2) 。上顎が下方に下がっているため下あご(下顎骨)も押し下げられ、下顎骨が小さくて後退しているように見えます。顔は全般的に間延びして見え、鼻の幅は狭く、上くちびるの両側の溝(鼻唇溝)は浅く、下顎骨のラインが急峻に傾斜して顔の下半分が長く見えます。くちびるは閉じにくく、無理に口元を閉じると下あごの中央に梅干しのようなシワを生じます。アレルギー性鼻炎などの鼻づまりによって口を開けっぱなしにするため上顎骨が下方へ成長する要因のひとつではないかと推測されますが、現時点では因果関係は実証されていないようです。

Pagetop

2. 治療

上あごの前後的あるいは上下的な位置が正常であるか、噛み合わせに問題がないかを診察とレントゲンなどの検査によって調べます。上顎骨が他の部位や上くちびるなどの軟部組織と較べて不均衡に長いと診断されたら、骨切り術と言われる手術によって上顎の高さを短くします。場合によっては手術に先立って、矯正歯科での歯並びの矯正が必要になります。手術は口の中から行いますので、顔に傷をつけることはありません。上顎骨を上方へ移動した後、金属製や吸収性のプレートを用いて固定します。噛み合わせの保持のために後療法を行いますが、手術後の比較的早い時期から食事は通常とおりに取ることができるようになります。

Pagetop

3. 治療による期待される効果

顔の垂直方向での調和が得られ、笑っても歯ぐきが露出することはなく、顔貌は改善します。下あごが相対的に前へ出るため、あごが後退したような印象はなくなります。鼻先(鼻尖部)はやや上を向き、鼻の幅は少し広くなります。くちびるは努力しなくとも容易に閉じるようになります。

顎変形症」を参照下さい。

Pagetop