形成外科で扱う疾患


顎変形症

1. 概念と解説

顎変形症とは上あご(上顎骨)や下あご(下顎骨)の形や大きさの異常、両者のアンバランスによって噛み合わせの異常(咬合不正)と顔の変形などの症状を示すものです。顎変形症の発生には遺伝的な要素が強いと言われていますが、ほとんどは原因不明です。指しゃぶりや舌の突出癖なども発生要因とする説があります。多くはあごの成長のアンバランスによるものと考えられ、小児期では異常に気付かず、思春期のあごが急成長する時期に症状が明らかとなります。

顎変形症の中には上顎骨の変形、下顎骨の変形、上下顎骨の変形が含まれています。また、成長の過剰による変形と成長の不足による変形にも分類することができます。代表的な顎変形症としては、下顎骨が突き出た下顎前突症、逆に下顎骨が小さい小下顎症、上顎骨が突き出た上顎前突症、奥歯だけが噛み合っていて前歯が噛み合わない開咬症、あるいは左右の顔の大きさが異なる顔面非対称などがあり、それぞれに特有の咬合不正と顔面変形を伴います。この他にも、上顎骨が下方へ成長して顔が長くなった長顔症候群(long face syndrome)、逆に顔が短くなった短顔症候群(short face syndrome)、上下の前歯が極端に突き出た両顎突出症などの状態もあり、これらのいくつかが混じり合った状態の変形も少なくありません。

主な症状は咬合不正と顔の変形です。ただし、ヒトの歯並びにはあごのズレを多少カモフラージュしようとする作用が働くため、実際はあごが変形しているのに、噛み合わせは正常のように見えることもあります。また、あごの変形によっては、くちびる(口唇)が閉まりにくくなり、無理に口唇を閉じようとするために下あごの先端部に梅干のようなシワが見られることもあります。また、下あごが小さい人では空気の通り道も狭くなり、寝ている時には大きないびきをかき、さらに、睡眠時無呼吸症候群の原因となることもあります。また、噛み合わせが悪い人では、危険に直面したときに噛み締めによる下あごの安定が得られず、下あごに骨折を起こしやすいともいわれます。

Pagetop

2. 診断

俗に「受け口」と呼ばれる反対咬合の状態でも、下顎骨が突き出た下顎前突症である場合もありますが、逆に、上顎骨が発育不良によって後退した上顎骨劣成長症である可能性もあります。両者を鑑別するためには、通常の顔と口腔内の診察だけではなく、規格レントゲン像やCTなどで、どの部位に変形があるのかを総合的に診断します。したがって、形成外科医と矯正歯科医、症例によっては聴覚言語療法士や耳鼻科医とも相談の上で治療法を決定します。治療の目的は噛み合わせと顔貌の両者を改善することにあります。したがって、どの位置にあごを移動すれば、最も良い噛み合わせと顔貌が得られるかを検討します。

Pagetop

3. 治療

咬合不正や顔面変形があごの変形によるものと診断されれば、骨切り術というあごの骨を切る手術を行います。多くの場合は手術前に矯正歯科での歯並びの治療を行うことが薦められています。手術前の矯正治療には1年以上の日数を要することも少なくありません。手術では口の中から上顎骨や下顎骨を切って、最も望ましい位置に移動して固定します。全ての操作は口の中から行いますので、顔に傷が残ることはありません。固定には金属製(チタン製など)や吸収性の小さなプレートやスクリューを用います。手術後には正しい噛み合わせ保持のための後療法を行います。

顎変形症の矯正歯科治療と手術は保険が適応になりますし、高額医療給付の対象にもなります。ただし、これにはいくつかの制限が加えられていますので、治療開始前に主治医や矯正歯科医とよく相談して下さい。

Pagetop

4. 治療によって期待される効果

噛み合わせとあごの変形が改善されます。あごは顔の大部分を占めるので、容貌も改善します。骨格の移動によって頬の形や鼻や唇も少し変化し、唇は楽に閉じるようになります。また、変形のために顎関節に痛みなどがあった場合は、これらの顎関節の症状も改善する可能性があります。さらに、小さなあごのために呼吸がうまくできなかった場合などでは、呼吸も改善するようになります。

Pagetop