形成外科で扱う疾患


顔面神経麻痺

1. 疾患の解説

顔には20をこえる筋肉(顔面表情筋)があって、この動きによって泣いたり笑ったりの表情が作られています。この動きができなくなった状態が顔面神経麻痺で、けがや病気によって顔面神経が障害されて起こります。顔面神経は、その根元は「顔面神経核」といって頭の中にありますが、先の方は耳たぶの下から表へ出てきて顔全体に分布しています。麻痺するとおでこ、眉毛、まぶた、口など顔のすべての動きが止まってしまいます。顔が左右不対称(いびつ)に見えるだけでなく、まぶたが閉じられないので眼が乾燥して痛かったり、口が閉じられないため食べたものがこぼれてうまく食事ができなかったりします。程度の軽い例でも顔を動かすといびつさが目立つので、社会的に消極的になりがちで、精神的にもダメージの大きい病気です。

Pagetop

2. 治療法

顔面神経が単純に切れて麻痺がおこった場合は、その部分を縫い合わせたり、他から神経をとってきて間に移植したりして治します。神経が根元の方で切れてしまうとこの方法が使えないのですが、切れて間もない段階であれば、顔面神経以外の神経(たとえば舌下神経という舌を動かす神経)と顔面神経とを繋いで顔の筋肉をうごかすことができます。しかし、そうでない場合(切れてから時間がたってしまった場合や生まれつきの場合)は、顔面神経自体の修復は難しいので、他の方法で麻痺による症状を改善させます。それには静的再建術と動的再建術とがあります。静的再建術というのは、麻痺の症状に対して皮膚を切り取ったり、筋膜(筋肉を包んでいる薄い膜。大腿部のものを使うことが多い)や糸などの動かない組織を使ったりして治すことで、たとえば、上まぶたの垂れ下がりに対して上まぶたの皮膚を一部切り取ったり、眉毛の垂れ下がりに対して筋膜などをおでこの下に移植したりして吊り上げます。目がちゃんと閉じられるようにするために金製の小さい錘を上まぶたに埋め込む手術もこれに属します。顔面を積極的に動かして表情運動を回復させる効果はないので静的手術と呼ばれます。一方、動的再建術というのは、麻痺した顔面の筋肉にかわる動力源を導入する方法で、目を閉じさせるためにものを噛む役目をする筋肉(側頭筋)の一部を移行したり、ほっぺたが動かず笑えないことに対して体の他の部分から筋肉を取ってきてほっぺたの下に移植したりします。移植する筋肉としては、取っても障害の少ない広背筋(わきの下にある)や薄筋(大腿部内側にある)などいろいろな筋肉が用いられています。顔面神経麻痺の症状は顔面全体に及ぶので、通常は静的手術と動的手術の両方を利用して治す必要があります。

神経や筋肉の回復は遅いので、治療終了まで多少時間がかかります。

Pagetop

3. 治療により期待される結果

結果は選択した手術法によって異なりますが、かなりの程度まで表情を回復させることができます。手術内容によって全身状態への影響、治療期間の長さが様々ですので、よく考慮して手術法を選択する必要があります。顔面神経麻痺の治療は発症してから間のないほど効果があがることが多いので、できるだけ早く病院に行くことが肝要です。

Pagetop