形成外科で扱う疾患


上下顎骨骨折

1. 上顎骨骨折

疾患の解説

上顎骨骨折は顔面中央部の外傷、特に鈍的外傷により発生します。上顎骨は鼻骨の外側から上顎歯槽部に至るため、衝撃の部位により骨折の形態が異なってきます。上顎骨のほぼ下半分が骨折したものをLe Fort I型骨折、 上顎骨が鼻骨複合体を含めて骨折したものをLe Fort II型骨折と呼びます。さらに頬骨をも含め顔面中央部が全体として頭蓋骨と離断される骨折をLe Fort III型骨折と呼びます。また、上顎骨が正中部で離断されたものは矢状骨折といいます。しかし実際には骨折の型はまちまちで、左右が別々に骨折していることも多く複雑化しています。骨折の症状は当部の圧痛、腫脹、皮下出血、開口障害および咬合不全(歯のかみ合わせの障害)がほとんど必発となります。上顎骨上方は解剖学的に頭蓋底となるため、Le Fort II,III型骨折では状態も重症で頭蓋底骨折による髄液漏を来すこともあります。鼻の変形や偏位、鼻閉感などの症状もみられます。眼窩周囲の骨折では、眼位の変異や眼球陥凹さらには複視などの眼症状が発生します。

診断と治療法

診断は視診、触診に加え、顔面のレントゲン写真、CT、3DCT画像により診断されます。治療の目標は歯のかみ合わせを正常にすることで、手術による骨折の整復と固定が基本となります。また術後は顎間固定といって、上下の歯牙を固定することを行います。骨折による偏位がほとんどない場合には顎間固定のみで治療されることもあります。

治療に期待される効果

治療により外傷前の状態に復元することを目標とします。重症の骨折でもかなりよい状態に復元できることが期待できます。

Pagetop

2. 下顎骨骨折

疾患の解説

下顎骨骨折は顔面下部の外傷、特に鈍的外傷により発生しますが、顔面骨のなかで唯一関節を有した骨であるため、骨折も特異的となります。外力が直接当たった部位が骨折を来たす直接型と外力の対側が間接的に骨折を来たす間接型の骨折があります。骨折は部位により関節突起、筋突起、下顎枝、角部、体部、結合部とそれぞれの部位に起こります。骨折の症状は当部の圧痛、腫脹、皮下出血、開口障害に加え、上顎骨折同様咬合不全がみられます。また下顎の変形や歯列の不整がみられます。

診断と治療法

視診、触診およびレントゲン写真により診断されますが、CT、3DCT画像によりより正確な診断ができます。治療の目標はできるだけ元通りに正確に整復し、固定することですが、良好な咬合の獲得が最も大切です。そのため骨折部の整復固定の後は顎間固定により咬合の安定をはかります。また特に関節突起、関節突起頚部骨折においては観血的整復(手術をする)に顎間固定をする方法と非観血的整復固定術(顎間固定のみをする)があります。いずれも機能的には良好な結果が期待できますが、形態的には観血的整復固定手術の方がよりよい結果が得られます。手術後の顎間固定はいずれにしろ必須となります。

治療に期待される効果

治療により咬み合わせはほぼ外傷前の状態が期待できますが、完璧な咬み合わせは術後歯科矯正治療を要することもあります。また状態の程度にもよりますが、形態面でもほぼ良好な形態が期待できます。

Pagetop