形成外科で扱う疾患


狭窄性腱鞘炎

1. 疾患の解説

「腱」は筋肉が骨や関節に力を伝えるための「紐(ひも)」のような役割をしていますが、力を有効に伝えるために、途中で腱の浮き上がりを防ぐ、「滑車」としての役割を果たす「腱鞘」というものがあり、トンネルのような形をしています。主に手のひら側の指関節部と、手関節部にあります。

狭窄性腱鞘炎とは、何らかの原因で腱が通るトンネルとなる腱鞘が炎症を起こして肥厚・狭窄し、そこを通る腱がスムーズに通過出来なくなった状態をいいます。指を曲げる屈筋腱の代表的な狭窄性腱鞘炎にはバネ指があります。指を伸ばす伸筋腱の代表的な狭窄性腱鞘炎にはドゥケルバン腱鞘炎があります。

バネ指

引っかかった指を無理に伸ばそうとすると、まるでバネの現象のように、腱が狭窄部を通過した時点で急に伸びるのでバネ指と称され、別名「弾発指」、「スナッピングフィンガー」とも呼ばれています。「指の曲げ伸ばしが困難だ」、「無理に指を伸ばそうとすると引っかかる」などの症状があります。

発生部位は、手のひら側の指の基部の関節で、母指が最も多く、3指、4指の順の頻度で生じます。中高年者に多く、慢性的な機械的刺激(使い過ぎ)が原因と思われますが、ホルモン環境の変化(妊娠、出産、閉経)、リウマチや糖尿病も関与していると考えられています。

ドゥケルバン腱鞘炎

ドゥケルバン腱鞘炎は手関節における代表的な伸筋腱炎の一つです。親指を伸ばす伸筋腱(長母指外転筋腱と短母指伸筋腱)が手関節の親指側のトンネルで狭窄された状態です。症状は手首の痛みと腫れが主体で、痛みは物を摘んだり、握ったりすると増強します。

中年の女性に好発し、指を酷使する人によく認められます。中には、外傷やホルモン環境の変化で発生する場合、ガングリオンなどの腫瘍によって伸筋腱が圧迫されて起こる場合もあります。

Pagetop

2. 治療法

まず、誘因となった作業や運動を控え、短期間の非ステロイド系抗炎症剤を処方や、リハビリテーションとして温熱療法などを指導します。症状が明らかな場合にはステロイド薬の腱鞘内注射を行います。しかし、これらの療法を数ヶ月間行っても改善の得られない症例は腱鞘切開術の適応となります。

手術は通常局所麻酔下で行い、入院の必要はありません。狭窄した腱鞘上の皮膚を切開したのち腱鞘を切離し、腱を開放します。その後皮膚を縫合します。

Pagetop

3. 治療により期待される結果

ステロイド薬の腱鞘内注射にて多くの症例で症状の改善はで得られますが、複数回の注射が必要な場合が多く、また、症状の再発も見られます。腱鞘切開術では、ごくまれに再発、神経損傷、化膿などの合併症が起こることもありますが、治療効果はステロイド薬の腱鞘内注射より確実です。

Pagetop