形成外科で扱う疾患


漏斗胸

1. 疾患の解説

みぞおち付近を中心に胸部が陥凹する(図1)先天異常であり、肋軟骨が長いことに原因があると言われています。見過ごされるほど軽度の変形から、胸壁が背骨に付くぐらい高度なものまで、陥凹の程度は様々です。また、左右対称な場合と右側に陥凹が強い非対称性の場合があります。

変形の割には症状に乏しく、小児期には無症状で経過する場合がほとんどです。しかし、高度な変形になると圧迫による心肺機能異常などを合併することがあります。また、成人例では易疲労性や運動時呼吸困難などを訴える場合もあります。

機能上問題がない場合でも変形に起因する精神発育への影響はことのほか大きく、内向的で活動性の乏しい性格形成に至ることがあり、手術的加療が望まれます。

手術は10才ぐらいまでに行った方が良好な結果が得られます。それは陥凹部分の肋軟骨や胸骨自体が柔らかいため容易に曲がり、手術後に肋軟骨自体の矯正力が期待できるからです。

Pagetop

2. 治療法

従来より行われている代表的手術法には胸骨挙上術と胸骨翻転術があります。胸骨挙上術の方が一般的です。

胸骨挙上術は、胸部正中部分の皮膚切開より両側で10本程度の曲がった肋軟骨を切除し、必要に応じて胸骨に切れ込みを入れ、陥凹部を前方へ挙上する方法です。挙上部分を保持するために太いワイヤーや金属プレート等を一定期間胸骨の裏側に挿入する必要があります。

最近、プレートのみを挿入し陥凹部を挙上する方法が普及しつつあります。

この方法では、両側胸部の3cm程度の皮膚切開(みぞおち部分に小切開を追加する場合がある)より弯曲した金属のプレートを心臓・肺と胸壁の間に挿入します(図2)。プレートの支持で肋軟骨と胸骨の弯曲をのばした状態に2年間ほど保持しておけば、成長期の柔らかい肋軟骨や胸骨が形態を整え矯正位に変化することに着目した方法です。肺や心臓に接してプレートを挿入するわけですから細心の注意が必要です。プレート抜去後の軽度の後戻りの可能性があるものの肋軟骨などには一切手術操作を加えないわけですから手術侵襲が少なく、傷跡も少なくできるという利点があります。しかし、この方法は肋軟骨が柔らかい10才前後までの手術法であり、全ての患者さんに適応できるわけではありません。肋軟骨の硬くなった年長児では肋軟骨の切開なども合わせて行う場合があります。さらに、肋軟骨が硬くなった成人では従来と同様の胸骨挙上術を行う必要があります。しかし、この場合でも、内視鏡を利用すれば皮膚切開の長さを大幅に縮小することができます。

Pagetop

3. 治療により期待される効果

子供で陥凹部が正中にある場合には左右対称の胸壁が再建できます。また、陥凹部の圧迫により左に偏位した心臓の位置も矯正される場合があります。しかし、右側の陥没の程度が強い非対称性の変形では、左右の完全な対称性が得られない場合があります。また、成人例では変形の程度により軽度の凹凸が残存する場合があります。

Pagetop