形成外科で扱う疾患


唇裂

口唇裂、口蓋裂とは、口の周りに生まれつき裂け目がある状態をいい、500~600人に1人の割合で発生します。しかし、適切な治療を行うことで、治すことができますのでご安心下さい。

口唇裂は上唇に裂け目があるものです。くちびるだけが裂けているものや、くちびるを越えて鼻のほうまで裂けているもの、歯茎まで裂けているものなどがあります(図1)。

口蓋裂は、「口蓋(口の中の天井にある部分)に裂け目があるものです。約半数は口唇裂と合併して起こり、その場合は「口唇口蓋裂」と呼ばれます。

唇と上あごの形は母親のお腹の中で受精してから4~12週までに作られますが、その時期に何らかの原因で発育が停止すると口唇裂や口蓋裂が出現します。口唇裂や口蓋裂は、遺伝的な要因と環境的な要因が複雑に影響して起こると考えられています。誰にでも起こりうることなので、両親は自分を責めることのないように、また、周囲の人も両親を責めることのないようにしてください。

1. 口唇裂・口蓋裂の治療

口唇は顔の中心の最も目立つ部位に存在するため、その傷跡や鼻のゆがみは少しのずれでも年を経るにつれて心の傷跡となり、その人の一生を左右する場合があります。手術後のキズアトと外鼻の変形をできる限り目立たなくするため多くの手術法が考案されています(図2)。鼻の変形も初回手術時に治す場合と治さない場合があります。手術時期もキズアトを出来るだけ少なくするために出生後できるだけ早期(1ヵ月頃)に手術を行う場合と、赤ちゃんの発育、組織が安定する生後3ヶ月頃に行う場合に大別されます。このように病院・大学により手術法と手術時期が異なっていますが、これもそれぞれの先生方がよく考え、ベストと思われる方法を選択した結果なので、詳細については手術を受ける病院に問い合わせてください。

Pagetop

2. 「チーム医療」の重要性

口唇裂・口蓋裂の治療には、さまざまな分野の専門医が連携するチーム医療が必要です。

形成外科

最初に受診して、基本的な治療方針を決めます。唇や口蓋、歯茎の手術を行い、手術前と手術後の管理も行います。

小児科

口唇裂や口蓋裂では、それに伴う合併症や遺伝疾患、心臓や内臓などに病気があったり、成長が遅い場合があります。形成外科医と連携して、その発見と治療にあたります。

麻酔科

口唇裂・口蓋裂児の手術の安全のため、小児麻酔の専門医による麻酔が必要です。万一全身状態に問題がある場合には、その原因が究明されるまで手術を延期する場合もあります。

小児歯科・矯正歯科・口腔外科

口蓋床の作成や虫歯の予防、歯並びの矯正治療、母親に哺乳の指導などを行います。

耳鼻咽喉科

口蓋裂の子どもは中耳炎にかかりやすいため、その治療を行います。また、言語聴覚士が発音の指導にあたります。

Pagetop

3. 手術後の治療

家族は治療結果や経過などに一喜一憂せずに、長い目で見守ることが大切です。何かあればいつでもかかりつけの形成外科医に相談できるようにしておきましょう。

鼻の変形や手術のキズアトの修正

成長に伴い、唇や鼻が左右非対称になったり、体質的にキズアトが目立ちやすい場合や鼻の形が変形することもあります。このような場合には、形成外科で修正手術が行われます。

歯並び・かみ合わせ

問題があれば小児歯科や矯正歯科で矯正治療を開始します。

Pagetop