形成外科で扱う疾患


脂肪吸引

1. 脂肪吸引法とは

1970年代後半よりフランスで始められ、日本でも既に25年以上の治療実績のある形成外科・美容外科的治療法の一つです。脂肪吸引法は気になる部分の皮下脂肪を陰圧ポンプを用いて吸引除去し、部分的な美しい体のラインを得るという理論的には単純で効果的な方法ですが、体重減少を目的とした痩身のための方法ではありません。

Pagetop

2. 治療法の実際

脂肪吸引法の適応は吸引できる皮下脂肪があるということが絶対です。部位的には皮下脂肪が余分に付いていればどこでも吸引可能ですが、一般的には頬部、頚部、上腕、腹部、腰部、臀部、大腿、下腿です。それと皮膚のタルミがないということが重要です。タルミがあれば皮下脂肪を吸引した分だけタルミが目立ってしまいます。

麻酔は吸引部位やその範囲によって局所麻酔や全身麻酔など適切な方法を選択します。吸引口は目立たない部位に数㎜つけるだけです。

勿論、治療を安全に行うためには、手術に問題のある基礎疾患や合併症のない健康な状態であることが条件となりますし、また一度に大量の脂肪吸引を行うことが危険度を高めますので無理をしないことが重要です。

合併症として、感染、血管を詰まらせる塞栓症、内臓の破損、水腫、知覚異常などが報告されています。また、傷は小さいのですが、個人差により、目立つ場合もあります。

Pagetop

3. 脂肪吸引機器の種類

一般的には1気圧の陰圧ポンプとカニューラと呼ばれる2~6㎜の吸引管を用います。その他超音波やレーザーを併用して吸引の補助を行う場合もあります。また少量の吸引の場合はシリンジ(注射筒)を用いる場合もあります。

Pagetop