各種委員会


社会保険委員会

名簿【25名】

  • 金子  剛(委員長)
  • 清澤 智晴(担当理事)
  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  • 青山 亮介
  • 秋元 正宇
  • 朝村 真一
  • 井田夕紀子
  • 宇佐美泰徳
  • 宇田川晃一
  • 大城 貴史
  • 荻野 浩希
  • 河合建一郎
  • 栗山 元根
  • 小室 裕造
  • 齊藤  晋
  • 佐武 利彦
  • 鈴木 康俊
  • 関堂  充
  • 難波祐三郎
  • 二ノ宮邦稔
  • 沼尻 敏明
  • 野村  正
  • 日原 正勝
  • 本多 孝之
  • 森   浩
  • 山本 直人

Pagetop

会告

Pagetop

活動報告


2018.08.10 インドシアニングリーン注射剤の”血管及び組織の血流評価”への承認取得について
2019.05.16 2018年度委員会活動報告
2017.12.12 再建を目的とした自家脂肪注入に対する適正施行基準(2017年版)のお知らせ

自家脂肪注入ガイドライン作成委員会
委員長 関堂 充

日本形成外科学会では、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会と共同で再建を目的とした自家脂肪注入に対する適性施行基準を策定いたしました。

 自家脂肪注入術は、形成外科領域において顔面半側萎縮症などの変性疾患、外傷後の皮下軟部組織欠損、薬剤性脂肪萎縮(HIV治療などによる)、乳房再建後小修正などに広く用いられている方法です。比較的小さな欠損・変形には簡便で有用な方法であり全世界的に広く行われている手技で、安全性も確立しています。
 しかしながら本邦では未だ保険収載されていないこともあり、これまで導入に慎重な施設も少なくなく、また実際の手技も様々であると思われます。

 社会保険委員会では、会員からの要望を受け、平成30年度診療報酬改訂に向けて本技術を外保連試案に登録した上で重点項目として厚労省に要望しております。
 そこで、学会として基準が必要と考え、乳房オンコプラスティックサージャリー学会と合同委員会を立ち上げ、再建を目的とした施行基準を策定した次第です。

 なお、本施行基準はあくまでも再建目的とした脂肪注入が対象であり、美容など私費診療を対象とするものではありません。

再建を目的とした自家脂肪注入に対する適正施行基準(2017年版)
2017.04.12 2017年度委員会活動報告
2017年度委員会活動報告(自家脂肪注入ガイドライン作成委員会)
2017.08.07 2016年度委員会活動報告
2017.02.08 社会保険委員会からのお知らせ
国保社保審査委員登録のお願い
平成28年度形成外科診療報酬早見表の学会HPへの掲載と早見表の今後について
2016.07.04 社会保険委員会からのお知らせ
第59回日本形成外科学会総会・学術集会での[教育講演】平成28年保険改定についてのスライドをアップいたしました。
  1. 平成28年度診療報酬改定についてー厚労省のめざす診療報酬のありかたと形成外科への影響
     筑波大学医学部医療系形成外科 関堂 充
  2. レセプトの査定を防ぐために
     千葉県こども病院形成外科 宇田川晃一
2016.07.01 社会保険委員会 「改正要望についてのアンケート」にご協力ください(2016.07.25付けアンケートは締め切りました)。
2016.04.14 2015年度委員会活動報告
2016.04.11 社会保険委員会からのお知らせ

  1. 形成外科に関連する指定難病と小児慢性特定疾病について

     平成26年5月23日に「難病の患者に対する医療等に関する法律」が成立し,平成27年1月1日に施行されました.対象疾病として306疾病が選定されましたが,この中には多くの形成外科に関連する疾病が含まれております.

     リンパ管・静脈奇形については国家公務員共済組合連合会 斗南病院 佐々木 了先生,頭蓋縫合早期癒合症については神奈川県立こども医療センター 小林眞司先生のご尽力によるものです.

     またこれと平行して,児童福祉法の一部が平成27年1月1日に改正されることで小児慢性特定疾病対策の充実が図られました.

     今回の診療報酬改定ではこれらの疾病に罹患している患者さんの医学管理に関する評価として小児科療養指導料が増点になっています.

     今後患者および患者家族からの問い合わせが増えることが予想されます.別紙の如く基本的な考え方をまとめましたのでご活用下さい.

    詳細はこちらをご覧ください。

  2. 平成28年度診療報酬改定について

     本年度の診療報酬改定における形成外科関連の新設・改訂項目を列挙しました.診療報酬早見表については5月中旬をメドに学会ホームページに掲載する予定です.

    詳細はこちらをご覧ください。

2015.04.09 2014年度委員会活動報告
2014.10.16 社会保険委員会 「改正要望についてのアンケート」にご協力ください。
2014.04.08 2013年度委員会活動報告
2013.04.02 2012年度委員会活動報告
2012.06.20 社会保険委員会より「平成26年度 社会保険形成外科診療報酬点数早見表」を掲載させていただきます。
2012.05.22 厚生労働省保険局医療課より「医薬品の適応外使用に係わる保険診療の取り扱い」の周知依頼があり、形成外科関連としては下記内容であります。

第9次審査情報提供  情報提供事例232
アルプロスタジル 形成外科
【標榜薬効】 その他の循環器官用薬
【成分名】  アルプロスタジル(注射薬)
【主な製品名】パルクス注、パルクス注ディスポ、リプルキット注、
リプル注 (後発品有り)
【薬理作用】 ①血管拡張作用 ②血小板凝集抑制作用
【使用例】  原則として、「アルプロスタジル(注射薬)」を
「血行再建後の血流維持」に対して処方した場合、
当該使用事例を審査上認める。
【使用例において審査上認める根拠】
薬理作用が同様と推定される。

但し、適応拡大が認められた訳ではございませんので、ご留意いただけますようお願い申し上げます。

詳細はこちらをご覧ください。
2010.12.24 下記『平成23年度改正要望項目についてのアンケート』『集団的個別指導についてのアンケート』につきまして、締め切りの変更があります。認定施設・教育関連施設および評議員宛てにアンケートを送らせていただき、「2011年1月31日(月)までにご意見をお寄せ下さい」とお知らせいたしました。その後、外保連より連絡があり1月31日までに改正要望を提出するよう通知がありましたので、恐れ入りますが1月15日(土)までにご意見お寄せいただけますようお願い申し上げます。 急なお願いで申し訳ございませんがどうぞ宜しくお願い申し上げます。
2010.12.09 社会保険委員会より『平成23年度改正要望項目についてのアンケート』のお願いについてお知らせいたします。

(注)右クリックで、「対象をファイルに保存」を選択して下さい。

2010.12.09 社会保険委員会より『集団的個別指導についてのアンケート』のお願いについてお知らせいたします。

(注)右クリックで、「対象をファイルに保存」を選択して下さい。

2012.04.10 2011年度委員会活動報告
2011.04.12 2010年度委員会活動報告

Pagetop