各種委員会


国際委員会

名簿【6名】

  • 吉村浩太郎(委員長)
  • 水野 博司(担当理事)
  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  • 今井 啓介
  • 清川 兼輔
  • 河野 太郎
  • 中塚 貴志

Pagetop

ISPRESについて

「若手形成外科医優秀賞」の応募案内

日形会の若手形成外科医に連絡です。
 第6回ISPRES(International Society of Plastic Regenerative Surgeons)学会
(2017年11月17~19日:ドバイ)に、演題を応募した若手形成外科医
(40歳以下)の中から、優秀演題に賞金が付与されます。
 1位:375ユーロ、2位:275ユーロ、3位:175ユーロになり、
演題締め切りは9月15日です。
 なお、本企画は、ISPRES に ICOPLAST が協賛して行うものです。
 詳細は、添付のflyer (広告)をご覧ください。

         ISPRES 副理事長:吉村浩太郎
         ICOPLAST 理事 :中塚貴志


Pagetop

ASPSについて


ASPS2017学会の参加早期登録についてのご案内(8/18まで)

フロリダ州オーランドで10月開催予定のASPS2017参加につきまして、お得な料金でお申し込みのできるEarly Bird割引(早割り)が8/18までとなっております。

ASPSメンバー価格845ドルが8/18以降970ドルに、日形会会員価格(ASPS非メンバー)945ドルが1,070ドルになります。
また、オープニングセレモニー・ウェルカムレセプションは10/6(金) 18:30よりディズニーリゾート(エプコットセンター)にて開催されます。
今年はInternational Resident dayも新たに企画されておりこちらは10/6(金) 8時~17時でスケジュールされております。
研修医の先生方は200ドルの年会費でASPS会員応募可能であり、会員になられますと学会へは無料招待させていただきます。

ASPS2017にご参加を予定されている先生は早めにお申込みください。

参加や学会についてのお問い合わせ:
お問い合わせやサポートが必要な場合は、8:30am-5:00pm CDT(月曜~金曜)の間でASPSの会員サービスセンターへお問い合わせください。
Telephone: 001-847-228-9900 ext. 471
Email: Membership@PlasticSurgery.org
日本語でのお問い合わせ: ktoyokawa@plasticsurgery.org



ASPS国際会員の皆様へ

学会誌Plastic and Reconstructive Surgery (PRS) のアプリご利用及び雑誌購読のご案内

今まではASPSのマイページよりPRSへアクセスいただいていましたが、今後PRSのウェブサイトより直接アクセスも可能になりました。

www.PRSjournal.comへアクセスいただき、右上のAccountをクリック、Activate Subscriptionをクリック、Register with LWW for freeをクリックいただき、新規の方はここでユーザー登録をお願いいたします。登録の途中でASPS ID(ご自分のASPSの会員番号です、数字だけ数桁の番号です)を入れるところがありますので、ご用意ください。作成したユーザーIDにてアプリの利用も可能になりますので、是非スマホやタブレット端末よりPRSをお気軽にご覧ください。

また、PRSの紙面購読も承っております。別途シッピングフィー(送料:年間200ドル)を頂戴いたしますが、毎月PRSをオフィスやご自宅などご希望のご住所へご送付させていただきます。

また、ASPSマイページよりPSENのロゴをクリックいただきますと、様々なビデオを閲覧することが可能ですので是非ご活用ください。

ご不明な点がありましたら、下記宛にご連絡ください。
ASPS事務局 豊川
ktoyokawa@plasticsurgery.org


アメリカ形成外科学会(ASPS)入会の御案内

2017年5月31日
一般社団法人 日本形成外科学会
理事長  中塚 貴志
国際委員会委員長
吉村浩太郎


 日本形成外科学会はアメリカ形成外科学会 (ASPS) と相互協力関係を築くため、了解覚書(MOU)を2015年4月に締結しました。MOU締結により、日本形成外科学会員は従来に比べ非常に簡単な手続きでASPSのInternational Member になれることになりました。
その結果、例えばASPSが提供する豊富なコンテンツを有するPlastic Surgery Education Network などへのアクセスが可能となっております。

 そして、本年4月より入会の手続き方法がさらに迅速かつ簡略になりましたので、ご案内申し上げます。


入会(国際会員)申請プロセス

※国際会員は日本形成外科学会専門医(専門医機構認定専門医も含む)取得者が対象になります。

 国際会員候補は申請書を受領し年会費のお支払い確認ができ次第、オンライン上の特典へアクセスいただけます。(これまでは、下記の評議委員会での承認まではアクセスできませんでした。)初年度の年会費は申請月により異なります。月割りの費用になりますので下の表をご参照ください。

 申請書類の確認及び日本形成外科学会との照合が完了いたしましたら、次回の評議委員会(年4回開催)にて国際会員への登用可否が投票により正式決定いたします。

国際会員候補特典一覧 :
  • □ Plastic and Reconstructive Surgery® (PRS)のオンライン購読
  • □ Plastic Surgery News® (PSN) のオンライン購読
  • □ Plastic Surgery Education Network® (PSEN) のオンライン購読
  • □ Plastic Surgery The Meeting, Aesthetica, Breast and Body Symposium
     などの学会及びシンポジウムへの参加費の会員割引
  • □ Plastic Surgery The Meetingへの寄稿、ディスカッション参加機会
  • □ オンラインコースやインストラクショナルテストコースの会員割引
【申請時に必要な提出物】
  1. 申請書へ記入 (全申請者)
  2. 顔写真 (全申請者)
  3. 年会費のお支払い (全申請者)

注. これまでは、日本形成外科学会からの推薦状が必要でしたが、現在は事務局間の相互連絡で会員資格の照合が可能となっていますので、提出は不要となりました。

申請書類は以下まで郵便またはEmailにてご送付ください:
Membership Services
American Society of Plastic Surgeons
444 East Algonquin Road
Arlington Heights, IL 60005-4664, USA
Email: Membership@PlasticSurgery.org
Phone: +001-847-228-9900 ext. 471
*日本語でのお問い合わせ:ktoyokawa@plasticsurgery.org


初年度年会費一覧 (USD) :
ご申請月初年度年会費ご申請月初年度年会費
1月$350.007月$175.00
2月$320.838月$145.83
3月$291.679月$116.67
4月$262.5010月*$350.00*
5月$233.3311月*$350.00*
6月$204.1712月*$350.00*

*10月、11月、12月にご申請いただいた場合、年会費は初年度及び次年度分をカバーします。

入会の申請書は下記よりダウンロードしてください。
American Society of Plastic Surgeons® International Membership Application
※ASPSのサイトからも探せますが、上記pdf.の申請書が用意されていますので、どうぞご利用ください

できるだけ多くの方に応募して頂ければこのMOU締結も報われることになります。なお、MOUの内容や入会などに関し、疑問・質問などございましたら、学会事務局までお問い合わせ頂ければと存じます。


ASPS2017学会の参加早期登録について

今年10月にフロリダ州オーランドで開催されますASPS年次総会の早期登録の案内をリンクします。なお、この早期登録では、ASPS国際会員であれば845米ドル、非会員は945米ドルの登録料になっています。

詳細は、案内をご覧ください。

なお、現時点では早期参加登録の割引期間の締め切りは明示されておりませんので、ご参加を予定されている先生は早めにお申込みください。


日本形成外科学会がアメリカ形成外科学会(ASPS)と締結した了解覚書(MOU)
についてのお知らせ

一般社団法人 日本形成外科学会
理事長  細川 亙
国際委員会委員長
中塚 貴志


 日本形成外科学会はアメリカ形成外科学会 (ASPS) と相互協力関係を築くため、了解覚書(MOU)を本年4月に締結しました。
 学会員の皆様に広くこの覚書の内容をご理解頂きたく、その英語原本と和訳文とを公開致します。
 このMOU締結により、日本形成外科学会員(専門医)は日本形成外科学会の推薦があれば、従来に比べ非常に簡単な手続きでASPSのInternational Member になれることになりました。その結果、例えばASPSが提供する豊富なコンテンツを有するPlastic Surgery Education Network などへのアクセスが可能となります。
 さらに、ASPSの年次総会に参加される際には、会員割引が適用されます。また、2016年のASPS年次総会(ロスアンゼルス)では、日本がGuest Nation として扱われますので、演題採択などにおいて優遇措置が得られる予定です。
 ASPSのInternational Member に関しては、改めて募集案内をさせて頂く予定ですが、できるだけ多くの方に応募して頂ければこのMOU締結も報われることになります。
 なお、MOUの内容などに関し、疑問・質問などございましたら、学会事務局までお問い合わせ頂ければと存じます。

 ■JSPS-ASPS Memorandum of Understand 英文 / 和訳

連絡先: 日本形成外科学会事務局
Mail address: jsprs-office01@shunkosha.com

Pagetop

Pagetop

活動報告

2017.08.07 2016年度委員会活動報告
2016.09.02 ISPRES 第5回国際形成再生外科学会のご案内を掲載します。
2016.04.14 2015年度委員会活動報告
2015.04.09 2014年度委員会活動報告
2014.12.11 WUWHS 2016のご案内を掲載します。
IMCAS 2015 WORLD CONGRESSのご案内を掲載します。
2014.10.08 2014 KSPRS International(Congress of the Korean Society of Plastic and Reconstructive Surgeons) のご案内を掲載します。
2014.07.31 2014 Chang Gung Aesthetic Forum のご案内を更新しました。
Sao Paulo Breast Surgery Symposium のご案内を掲載します。
2014.07.11 22nd Congress of ISAPS 2014 のご案内を更新しました。
2014.07.09 2015 ASRM のご案内を掲載します。
2014.07.02 ASEAN-IPRAS 2014 のご案内を掲載します。
2014 Chang Gung Aesthetic Forum のご案内を掲載します。
2014.06.23 22nd Congress of ISAPS 2014 のご案内を掲載します。
2014.06.06 First International Meeting on Science & Art of Facial Makeover 2014のご案内を掲載します。
ISPeW(International Society For Pediatric Wound Care)のご案内を掲載します。
2014.05.29 IFATS(International Federation for Adipose Therapeutics and Science)2014のご案内を掲載します。
ISAR(International Society For Auricular Reconstruction)のご案内を掲載します。
2014.04.08 2013年度委員会活動報告
2013.04.02 2012年度委員会活動報告
2012.04.10 2011年度委員会活動報告
2011.11.15 2011年4月11日付け、French High Authority on Health (HAS)の判決で「non invasive lipolytic injections and machines」の使用が禁止となりました。
Article 1 (条項1):
Adipocytic lysis using hypo-osmolaric solutions
Adipocytic lysis using injections of lipolytic substances (phosphatidylcholine or deoxycholate of sodium) or mesotherapeutic mixtures
Using carboxytherapy
Using transcutaneous leaser, without aspiration
Article 2(条項2):
lipolytic techniques using external physical agents
2011.04.12 2010年度委員会活動報告

Pagetop