英文論文


2013年

2013(平成25)年度学術奨励賞受賞論文

【基礎部門】
大芦 孝平 氏(筆頭著者) 北海道大学医学部形成外科
『Pathophysiological characteristics of melanoma in-transit metastasis in a lymphedema mouse model.』

J. Invest Dermatol. 2013;Vol.133:537-544

妻野 知子 氏 近畿中央病院形成外科
『A new mouse model of impaired wound healing after irradiation.』

Journal of Plastic Surgery and Hand Surgery. 2013;Vol.47(2):83-88

【臨床部門】
秋田 新介 氏 千葉大学医学部附属病院形成外科
『Early daiagnosis and risk factors for lymphedema following lymph node dissection for gynecolgic cancer.』

PRS, Vol.131: 283-290, 2013

永竿 智久 氏  慶應義塾大学医学部形成外科
『Not only “nurture”, but also “nature”, influence the outcome of zygoma repair.』

Journal of Plastic Surgery and Hand Surgery Vol.47-6: 484-488, 2013

Pagetop