疾患紹介~こんな病気を治します!


レーザー治療、頭蓋顎顔面骨延長

レーザー治療

1.レーザー治療とは

レーザー治療参考資料
レーザー治療参考資料

レーザー光とは波長と位相のそろった人工光のことで、非常に高いエネルギーを有しているため、生体組織が光を吸収する際にその組織を破壊することが可能です。一方でレーザー光をあまり吸収しない組織には損傷を与えません。レーザー治療はこの原理を応用したものです。レーザーの種類ごとに各種生体組織への吸収性が異なるため、疾患によって(対象となる組織によって)使用するレーザー機器を選択する必要があります。

2.レーザー治療の対象疾患
(1)血管性病変
単純性血管腫(赤ブドウ酒様血管腫)、苺状血管腫、老人性血管腫、毛細血管拡張症
【治療】主に色素レーザー(フラッシュランプダイレーザー)を使用します。
【効果】単純性血管腫は治療回数を増すごとに治療効果が上がりますが、部位により治療効果は異なります。苺状血管腫ではレーザー治療により早期消退が期待できます。約1週間で皮膚損傷は治癒しますが、レーザー照射部位に一致した紫斑が吸収するまで2-4週間かかります。老人性血管腫や毛細血管拡張症のレーザー治療は比較的良好です。
(2)表皮色素異常症
雀卵斑(そばかす)、老人性色素斑(日光黒子)、光線性花弁状色素斑
【治療】Qスイッチレーザー(ルビー、アレキサンドライト、ヤグ)、ロングパルスレーザー(ルビー、アレキサンドライト)などを使用します。
【効果】良い結果が得られることが多いです。再発予防のため紫外線を避けるようにします。
(3)真皮メラノサイト増殖症
太田母斑、蒙古斑・異所性蒙古斑
【治療】Qスイッチレーザー(ルビー、アレキサンドライト、ヤグ)治療が第1選択です。
【効果】良い結果が得られることが多いですが、多くの場合は3-6か月に1回、計5回前後の治療を要します。
(4)母斑・良性皮膚腫瘍
扁平母斑
【治療】Qスイッチレーザー(ルビー、アレキサンドライト、ヤグ)、ロングパルスレーザー(ルビー、アレキサンドライト)などを使用します。
【効果】治療効果には個人差があり、治療後の再発も多くみられます。
色素性母斑
【治療】炭酸ガスレーザーで切除することができます。悪性を疑う場合、レーザー治療は適応外です。
【効果】1-2週間で治癒しますが、発赤を伴う傷跡を残すことがあります。
表皮母斑(疣状母斑)
【治療】炭酸ガスレーザーで蒸散させることができます。
【効果】約1週間で治癒しますが、傷跡を残すことがあります。
老人性疣贅(脂漏性角化症)、アクロコルドン
【治療】炭酸ガスレーザーで蒸散させることができます。
【効果】約1週間で治癒します。傷跡を残すことは比較的少ないです。
(5)皮膚異物沈着症
外傷性刺青、装飾刺青
【治療】外傷性刺青と黒色装飾刺青はQスイッチルビーレーザー、Qスイッチアレキサンドライトレーザー、Qスイッチヤグレーザー(波長:1064nm)を使用し、赤色刺青にはQスイッチヤグレーザー(波長:532nm)を使用します。
【効果】外傷性刺青の多くは3回前後の治療で終了します。装飾刺青は治療回数がかかるうえに、緑色や黄色は効率良く色素を除去することが困難です。
(6)レーザー・スキン・リサーフェシング
レーザー光を応用して、皮膚を薄く広範囲に蒸散させ、小じわや老人性色素班、老人性疣贅、ニキビ痕などの治療を行うものです。通常のリサーフェシングでは表皮は完全に蒸散されます。さらに、真皮上層から中層に適度な熱変性を与えることで収縮を促し、コラーゲンの再編成が起こります。
【治療】炭酸ガスレーザー、エルビウムヤグレーザーなどがあります。
【効果】約1週間は被覆する必要があります。その後は発赤が約1か月間持続します。黄色人種の場合、長期間色素沈着が持続することがあります。

Pagetop

頭蓋顎顔面骨延長

1.骨延長とは

骨に切れ目を入れてから間を少しずつ広げていくことにより、切れ目の間に骨組織を再生させ、骨を延ばす治療方法です

2.概要

先天異常や外傷などで短くなっている骨を伸ばす場合、従来は骨を切って(骨切り術)必要量まで伸ばし、生じた骨の隙間に他の部位から採取した自家骨を移植していました。この方法は、移植に必要な骨を採取しなくてはならないこと、延長できる長さに限界があること、移植した骨が吸収されやすいことなどの欠点がありました。

これに対して、1960年代にロシアのイリザロフという整形外科医が、骨に切れ目を入れてから器械を装着して毎日少しずつ引き延ばすことにより、骨を再生・延長させるという画期的な術式を考案しました。ゆっくり延長してゆくことで、骨のみならず筋肉や血管、神経なども一緒に延ばすことが可能でした。この方法は当初、整形外科領域で手足の延長に応用されましたが、1980年代の終わりから形成外科領域でも頭蓋骨や顔面骨の延長に応用されるようになりました。形成外科では下顎骨、上顎骨や頭蓋骨、手足の指の延長に対して行なわれています。

3.対象疾患

頭蓋顎顔面領域では、各種先天異常による骨形成異常や劣成長が主な対象疾患となります。小顎症、小頭症、Crouzon病やApert症候群、唇顎口蓋裂に伴う上顎の劣成長などに適応があります。

4.治療方法

頭蓋顎顔面骨延長
頭蓋顎顔面骨延長

延長したい部位の骨を切り、骨延長器を装着して1-2週間後から1日に0.5-1㎜の速度で骨切りした部分を広げてゆきます。延長は自宅で、無麻酔で行なうことができます。予定の長さまで延長できたらそのまま2-3か月の間、延長した部分に骨形成ができるまで待機します。

レントゲンなどで骨形成が確認できたら、延長器を除去します。延長期間中に痛みなどの障害はほとんどありません。

5.延長期の種類

骨に装着する延長器には大きく分けて内固定型と外固定型とがあります。内固定型は小さく、大部分が皮下に埋め込まれますのでほとんど目立ちませんが、骨延長終了後に抜去術が必要です。外固定型は抜去のための手術は原則的に不要ですが、装置が大きく目立つのが欠点です。

Pagetop