疾患紹介~こんな病気を治します!


爪・毛などの疾患、義眼床手術

毛巣洞

1.疾患の解説

毛巣洞は、主に肛門の少し上(仙尾骨部正中線上)の皮膚に生じる小さな穴で、毛を含んでいます。長時間の運転をする男性のお尻によく生じるほか、腋(わき)などにも生じます。原因について、以前は先天説と後天説が対立して論じられてきましたが、現在は毛が後天的に皮膚に刺入ことによって生じると考えられています。普段は無症状ですが、感染が起こると痛みや腫れが生じたり、膿が出てきたりし、痔瘻(じろう)と間違えられることがあります。

毛巣洞

2.治療法および期待される効果

毛巣洞の治療法の代表例
毛巣洞の治療法の代表例

感染が起こった場合の治療は基本的に切開排膿で、局所麻酔を行ったのち、皮膚を切り開き、中の膿を洗い流します。感染が軽度の場合は、抗生物質などの内服薬だけで様子をみることもあります。

根本的治療は毛巣洞を切除する手術です。取り除いたあとの傷は、そのまま塗り薬などでしばらく時間をかけて治す方法と、皮弁で同時に閉じてしまう方法などがあります。

Pagetop

陥入爪

1.疾患の解説

陥入爪とは、爪の端が周りの皮膚に食い込んでしまうことで、痛みや腫れが生じたり、さらに傷ができたり膿んでしまったりしている状態のことです。一般的に巻き爪と表現されることが多いのですが、必ずしも爪は巻いていません。原因は深爪や合わない靴の着用とされており、足の親指に起こることが多いです。

陥入爪

2.治療法および期待される効果
(1)保存的治療
爪の切りかたの修正、靴の選択・足の衛生管理などのフットケアや、爪の端と皮膚が接する部分の保護、超弾性ワイヤーによる爪矯正などがあります。
(2)手術療法
早期の治療を希望される場合や、爪矯正などの保存的治療が無効な場合に手術を行います。手術では食い込んでいる部分の爪とその爪母(爪の根っこの部分の皮膚の下にある軟らかい爪)などを切除します。爪と爪母を切除したのち、再度病的な爪が生えないよう、フェノールという薬物やレーザーを用いて爪母を破壊する方法もあります。

Pagetop

巻き爪

1.疾患の解説

巻き爪は 爪が横方向に大きく曲がり、爪の下の皮膚をつかむように巻いてしまっている状態です。原因は合わない靴の着用など生活習慣からくる外力によるとされ、陥入爪と同様に足の親指に起こることが多いです。巻き爪に陥入爪を合併することもあります。

巻き爪

2.治療法および期待される効果
(1)保存的治療
陥入爪の場合と同様の方法で行います。最近は超弾性ワイヤーを用いた爪矯正が、第一選択として行われるようになりました。
(2)手術療法
爪床形成術などがあります。これは、変形した爪を除去した後、爪の下にある爪床と呼ばれる組織をめくり上げ、その下にある突出した骨を削ったり、周囲の組織に切開を加えたりして爪床を平坦にします。

Pagetop

禿髪

1.疾患の解説

禿髪には、男性型脱毛症(いわゆる男性の禿げ)や、円形脱毛症、女性男性型脱毛症、瘢痕性脱毛症(やけどや手術の傷あとによるもの)などさまざまな種類があります。

2.治療法および期待される効果
(1)保存的治療
ミノキシジルの外用や、フィナステリドの内服、ステロイドの外用などが行われます。これらの選択は禿髪の原因によって大きく異なるため、必ず専門医を受診してください。
(2)手術療法
  • 切除・縫縮:傷あとなどの小さな禿髪は、切除・縫縮によって改善が得られます。
  • 植毛:禿げにくい後頭部の毛髪を毛根ごと禿げている部分に移植します。具体的には、禿げている部分にごく小さな穴を空け、田植えのように1~3本ずつ植えていきます。
  • 皮弁移植:側頭部や後頭部の毛髪を、その下の皮膚・皮下脂肪と一緒に、禿げている部分に移動させる方法です。この移植術は、術直後から毛髪の血行が保たれているため、毛髪の生着が安定しているのが特徴です。この手術にティッシュー・エキスパンダー法を併用する方法もあります。

    皮弁移植
    皮弁移植

手術方法は多岐にわたりますので、手術で得られる毛髪の密度や毛の流れ、毛髪を採取した部分の術後の状態などについて担当医に十分確認し、納得したうえで手術を受けるようにしてください。

Pagetop

義眼床手術

1.疾患の解説

外傷や悪性腫瘍が原因で、眼球やその周りの脂肪や筋肉などを切り取らねばならなくなることがあります。このような手術を受けた患者さんは片目の失明だけでなく、見た目の面でも大きなハンディキャップを負うことになります。かつて多くの患者さんが、手術した部分を眼帯やガーゼで隠してその後の人生を送っていました。

この手術による見た目の問題を解決するには、義眼を入れることは当然として、その義眼を入れる場所の作成が必要不可欠で、この手術を義眼床手術と呼びます。義眼を入れたときに、自然な見た目が得られるように義眼床を作ることが重要です。

2.治療法および期待される効果

義眼床手術の治療法
義眼床手術の治療法

眼球やその周りの脂肪や筋肉などが切り取られた後の状態を無眼球症と呼びますが、切り取られた部位や量によってその程度に差が生じます。残された組織だけでは義眼を入れる場所が作れない場合に、義眼症手術が必要となります。

手術にはさまざまな方法があり、口腔粘膜移植や、植皮、皮弁移植などを行うことで義眼を入れる場所を作成します。この他必要に応じて、まぶたの凹みに対して脂肪注入などを行ったり、下まぶたの垂れ下がりに対して耳介軟骨移植などを行ったりすることで、見た目の改善を図ることもあります。

Pagetop