疾患紹介~こんな病気を治します!


フェイスリフト、豊胸術

フェイスリフト

1.フェイスリフト手術(皺伸ばしの手術)

加齢顔貌に対する最も代表的な手術です。眼や鼻の造作を変化させて別人のようになるわけではありませんので、社会的リスクは少ないと考えられます。たるんできた顔を少し戻して若々しく見せるための手術で、5年、10年前の顔の輪郭を取り戻すことが目的です。

欧米では100年以上前から報告があり、すでに確立された手術です。しかし、日本人をはじめとする東洋人は、頬骨が張り出した骨格や厚くて弾力に富んだ皮膚などのために、西洋人と同じ手術では効果が出にくく、傷跡が目立ちやすいことが知られています。そこで東洋人に対する様々な工夫が積み重ねられて現在に至っています。

2.手術の効果

仰向けに寝転がって鏡で顔を見ると、起きていたときのタルミが後ろに行きます。フェイスリフト手術の効果は、起きていても寝転んだときの顔が維持されていると考えればおおよそ理解できます。

3.手術の実際

フェイスリフト手術の切開線の図
フェイスリフト
手術の切開線の図

両方の耳の周囲の皮膚を切開し頬やこめかみの部分をはがし、タルミをとって再び耳のところで縫合します。局所麻酔でも可能ですが、広範囲を安全、確実に手術するときは全身麻酔のことも多く、入院をすすめることがあります。 切開線は耳の周囲から耳後部の生え際付近のみなので、傷跡はほとんど目立ちません。

SMAS(スマス)の図
SMAS(スマス)の図

切開線から顔の皮膚を剥がします。東洋人の場合は皮膚の下の結合組織が強固なので、時間をかけて丁寧に行う必要があります。剥離した皮膚を持ち上げると、表情を作る筋肉を覆う膜が現れます。これがSMAS(スマス)と呼ばれる薄い筋膜です。この筋膜は顔の表情筋と連動しているため、皮膚だけでなくこの筋膜も引っ張ることで、つり上げの効果をより高めます。

皮膚の下で十分に筋膜に張りを出しておき、皮膚をはがしていない口の周りなどの張りが出るようにします。最後に、皮膚を後上方につり上げながら、余分な皮膚を切り取って縫合します。丁寧に縫合して、手術後の後戻りと耳の変形を防ぎます。術後4、5日で抜糸して、縫い跡が残らないよう心がけます。

4.手術の安全性(合併症の予防)

顔の皮膚を剥がす際に、表情を動かすときに関与する顔面神経を傷つけないようにします。剥離範囲が広くなるほど神経の近くになり、傷つける可能性が高くなります。手術中に十分止血しても人によっては手術後の出血が多く、皮膚の下に血液が貯まってしまうことがあります。そのため血液を体外に出すための細いチューブを留置することがあります。

顔面は血行が良いため、ほとんど感染(化膿)することはありませんが、予防的に抗生物質が投与されます。手術後は耳の周囲の感覚が一時的に鈍くなりますが、数か月で回復します。

Pagetop

豊胸術

1.解説と現状

乳房を大きくする豊胸術は、現在はコヒーシブシリコンバッグを用いる方法が主流ですが、その他にも様々な材料が用いられています。材料の選択については医師の裁量がかなり認められているとはいえ、厚生労働省がその安全性を保証したわけではありません。したがって、患者さんがご自身の体を守るためには、使用する材料の性質、生じる可能性のある後遺症とその対処法について十分に施術医師から聞いておく必要があります。

とくに、医師が個人輸入して手術に使用する材料は材質の分析ができないため注意が必要です。

また、ハイドロジェルやヒアルロン酸などの注入物を用いる方法は、いまだ学会で広くは認められていません。かつてのシリコンやワセリンの注入による多くの後遺症の発生に対する反省からも、現在のところは安易に受けない方がよい豊胸術といえます。

脂肪注入による豊胸術は、脂肪の量や注入の方法によっては良い結果が得られる場合もあります。しかし、血管を付けていない脂肪は例え自分のものでもすべては生着しません。生着しなかった部分は融解して被膜に囲まれ乳癌と区別し難い腫瘤となったり、感染して悲惨な結果になったりすることもあります。したがって、施術医師の十分な術前説明を受けてから手術を受けて下さい。

2.一般的な術式

バッグを用いる場合、全身麻酔下あるいは硬膜外麻酔下に、わきの下の皮膚切開から大胸筋下あるいは乳腺下を剥離して作成したポケットにバッグを挿入します。乳輪内、乳輪周囲、または乳房下縁を切開して挿入する方法もあります。手術後は圧迫固定を要します。

3.治療により期待される結果

いかなるバッグであれ異物であるため体に合わないこともあります。違和感や疼痛など心配な後遺症があれば、直ちに施術医師に相談して下さい。また、何年か経過した後にバッグの劣化や破裂が起こることもありますので、定期的に診察をうけることをおすすめします。

4.すでに入れられた異物を摘出する場合

血液検査や画像診断などによって乳癌の合併が疑われる場合は、異物肉芽腫の摘出と病理組織学的検査をまず行います。また、後遺症に対する不安が強い場合や腫瘤の除去を希望される場合は異物摘出術の適応となります。さらに、摘出によって生じ得る変形や皮膚欠損に対して何らかの再建を希望する場合、いくつかの方法を十分に説明して選択してもらいます。

乳房異物の浸潤が広範囲かつ皮膚浸潤のある症例では乳房切除術に準じて摘出する場合もあります。通常は異物および異物肉芽腫を可及的に摘出しますが、手術の規模が大きくなるようであれば、すべてを摘出しないこともあります。

Pagetop